ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。成し遂げた、上手くいった、嬉しい、ツイてる!が一番ですが・・今日の気になるを、色々諸々お届け中です。

ニュース速報

都知事選は鳥越氏が当確なの?

投稿日:2016-07-16 更新日:

都知事選東国原英夫さんが、鳥越俊太郎氏が当確(当選確実)であるという予測を出していて、驚きました。
結論としてはこんな数字になるそうです。あくまでも予想ですが。

東国原氏の票読みによると、鳥越俊太郎氏が210万票。増田寛也氏が170万票。小池百合子氏が120万票となる。

(週プレNewS 7月16日より)

この記事に目が行ったのは、素人の一市民とはいえ自民党(与党?)が分裂選挙になってしまった時点で、対抗馬に強い候補者が出たら自民側に危ない選挙ではないかと思っていたので、そう考える人は多いと思われるからです。

上記の記事から東国原英夫氏の数字の根拠は次のように解説されています。

鳥越俊太郎氏・・150(野党分)+60(浮動票分)=210


増田寛也氏・・・140(自公分)+30(浮動票分)=170


小池百合子氏・・ 60(自公分)+ 60(浮動票分)=120

(浮動票分の数値は、記事内容からこちらで逆算しました)

数字根拠の詳細は以下のようになります。野党分、自公分というのは、東京都の有権者1000万人のうち投票率を58%と予想して、およそ500万票とするとのこと。

500万票に対して、自公で200万票、野党で150万票、浮動票150万票。浮動票のうち、知名度などで3氏の浮動票の割りあてについて、東国原英夫氏は上記のように鳥越氏と小池氏を60ずつに分け、知名度から増田氏を30と、少なめに配分しています。

また自公の200に対して、7対3くらいの率で増田氏有利との配分だそうです。

繰り返しますが、これはあくまでも予想であり7月16日時点での話です。個人的な希望や見解はまったくありませんが「東国原英夫氏の予想」ということでニフティーのニュースから見ました。

th_007

少し引いて考えると予想というのは誰にでも自由ですし、信憑性は不明です。ただ選挙に出て知事も経験してきた東国原氏の話なので、相応に参考になる気がしました。

 

ちなみに東さんは、鳥越さんを支援しているわけではなさそうで、鳥越さんから「貴方は、宮崎で終わった」と言われたことを忘れないというコメントもありました。

後出しじゃんけん有利と度々言われてきた東京都都知事選・・今回は望んでいなくても、結果的に少々劇場型といえるでしょうか。もし、この予想通りになったら、自民党は分裂している場合でなかったと批判を浴びそうです。

増田氏の陣営では、組織票的な意味で手堅いと分析する見方もあるようです。別の見方をするなら、増田氏が有利で、次を鳥越氏と小池氏で浮動票を奪い合うという構図かもしれません。

追記:当記事は2016年の都知事選直前のものです。

-ニュース速報
-,

執筆者:

関連記事

秋元克広市長は五輪マラソンの札幌案を歓迎

秋元克広(あきもとかつひろ)札幌市長が注目されます。 札幌市はもともと2030年の冬季五輪招致を目指していますが、この2019年10月17日になって、2020年の東京五輪において、マラソンと競歩は札幌 …

前田浩さん(崇城大学教授)がノーベル賞候補!

前田浩氏は崇城(そうじょう)大学の特任教授&熊本大学名誉教授で、2016年のノーベル化学賞の候補者になっています。現在77歳。   一般に「ノーベル賞予測」と言われますが、それは「トムソン・ …

比留間英人元中央卸売市場長に豊洲の責任は?

比留間英人氏が、石原元都知事が「担当局長」と呼ぶ当時の中央卸売市場長でした。石原氏が当時「担当局長から報告を受けた」といい、テレビでは「騙されていた」と発言する一方で、比留間英人元中央卸売市場長に、ほ …

バヌアツの法則とバヌアツ諸島

バヌアツの法則とは何か、バヌアツ諸島とはどこか? という素朴な疑問が本日駆け巡っていると言えますが・・ 気になるのはもちろんバヌアツ諸島での地震と、日本でいま熊本地震で大きな被害を受け、まだ収まってい …

桃太郎線と総社市と「総社の米」

桃太郎線という線ができた! とちょっと驚きました。いや新設でなく吉備線というJRの岡山駅と総社駅を結ぶそのラインの愛称だそうです。公募してJR西日本が2016年に3月に決めた名称。 桃太郎といえば近ご …

ご訪問ありがとうございます。記事内の情報は投稿日時点のもので、後に変化しているケースもあります。ご了承ください。

*弊サイトでは、罪に関わりそうな記事内容や、個人情報的要素などは6ヶ月経過後、基本的に表示しておりません。故にカテゴリに偏りがありご迷惑をおかけしますが、どうぞご了承のほどお願いいたします。