ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。成し遂げた、上手くいった、嬉しい、ツイてる!が一番ですが・・今日の気になるを、色々諸々お届け中です。

教育・政治

シルビアシジミ(絶滅危惧指定)とかツマグロキチョウとか・・

投稿日:2016-05-29 更新日:

シルビアシジミは蝶の名前です。知っている方にはいまさらですが・・それは絶滅危惧の一つに指定される今や貴重なチョウチョ。

シルビアシジミ。本来のすみかは、牛馬の餌や肥料を得るための草刈りで草丈が低く維持される河川敷などの草原だ。適地が減り、国は絶滅の危険性が高い絶滅危惧1B類に指定。埼玉や岐阜、愛媛などでは絶滅した。

それがなぜか爆音の響く空港で乱舞する。

(朝日新聞デジタル5月29日)より

なぜ、その空港の近くで飛んでいるか。それは空港の近くというあまり自然でない環境に、たまたま外来植物ばかり集まって、たまたま適した条件を見つけて生きているということに寄るようです。

だから自然界にとって良いか否かは別問題のようですが、草丈などの条件をクリアして、さらに幼虫が健気にかどうか分かりませんが、なんとか代用品の餌を見つけて生きている・・凄い、というのが素人の感想です。それにしてもキラキラときれいな蝶ですね。

 

蝶々では、ツマグロキチョウという種類にも同様のことが起きているようです。冒頭の記事によると、農地が大規模に失われて環境が変わる一方で、団地などは、管理する人がいるから短い草が保たれるという状況で、むしろ『新たな恵まれた環境』というものが生まれる例もあるようです。

そういえば近隣の団地の近くを通るときに、周囲の樹木や草がきれいに管理されていることに感心します。一軒一軒の家は、それぞれのトーンで「きれい」を管理しているようですが、集合住宅では、そういう「新環境」がうまれるのですね。なるほどね〜

環境庁の情報によると、シルビアシジミは、羽を広げると2センチくらいの小型のチョウで、成虫になってからの寿命は2週間から4週間くらい。本来は丈の低い草原環境を好むとのことです。

人間が草刈りなどの手入れをしなくなり、伸び放題により強い植物が繁殖すると丈の低い植物は、生き残れなくなり、するとその環境を好むシルビアシジミたちは、生きる場所を失うわけですね。

 

 

-教育・政治
-

執筆者:

関連記事

小池氏が守る「7人の侍」とは誰?

小池百合子都知事が守ると明言された「7人の侍」とは誰のことでしょう。七人の侍(サムライ)とは、まず名前だけは以下の方々です。 ●豊島区議会議員 本橋弘隆氏 細川正博氏 河原弘明氏 里中郁男氏 星京子氏 …

モニタリングとは? 豊洲市場をめぐる謎

モニタリングとは何でしょうか。豊洲市場の地下空間が、技術系の職員からモニタリング空間と呼ばれていたというニュース(9月19日朝日新聞デジタル)がありました。   モニタリングとはすでに耳に慣 …

金子恵美さんは議員をやめて政界引退、宮崎謙介さんはバラいろダンディのMC・・

金子恵美前衆院議員が政界の引退を発表しました。金子さんはご存知、自民党の議員で夫の宮崎謙介さんも、もと衆院議員。   新潟4区から当選し、その後3回の当選の後、金子恵美さんは平成29年には落 …

たまごっち 初代 在庫あり

たまごっちの初代の商品に在庫があります。「たまごっち」がいきなり再度脚光を浴びいています。ニューヨークで開かれたファッションイベントで、5月2日、オーランド・ブルームさんと、シンガーソングライターのケ …

なぜ!? 人生会議のポスター作成の厚生労働省サイトが見つからない

「人生会議」しとこ、という小籔千豊さんのポスターが、公表されてすぐに発送中止となり、厚生労働省のサイトからも削除されてしまいました。 なぜ? というシンプルな疑問の答えは、患者団体や遺族から抗議が殺到 …

ご訪問ありがとうございます。記事内の情報は投稿日時点のもので、後に変化しているケースもあります。ご了承ください。

*弊サイトでは、罪に関わりそうな記事内容や、個人情報的要素などは6ヶ月経過後、基本的に表示しておりません。故にカテゴリに偏りがありご迷惑をおかけしますが、どうぞご了承のほどお願いいたします。