ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。成し遂げた、上手くいった、嬉しい、ツイてる!が一番ですが・・今日の気になるを、色々諸々お届け中です。

ドラマ

とと姉ちゃんの常子は星野武蔵と結婚する?

投稿日:2016-05-18 更新日:

とと姉ちゃん』のヒロイン小橋常子(高畑充希)ですが、星野武蔵(坂口健太郎)とは結婚するのでしょうか?

5月18日現在の放送では、常子は女学生の最終学年の5年で、星野武蔵は帝大生で葉っぱの兄ちゃんと呼ばれている、植物オタクさんです。

年頃のヒロインの前に妙齢の男性が現れること自体、ドラマの作り手は、ふつうに考えても、「恋が芽生える?」「結婚は?」という視聴者の反応を、狙っていて当然でしょう。

しかし、先に推測の結論をいうと常子は、この星野青年、武蔵(たけぞう)さんとは結婚しないと考えられます。制作者でないので断定はできないのですが、常子のモデルである大橋鎮子さん(1920〜2013年)は、ご存知のように生涯独身でした。

もちろん朝ドラはフィクションなので、大橋鎮子(大橋鎭子)さんの生涯とは違います。そして常子が生涯ずっと結婚せずに独身を貫くか? それとも後に結婚するか? そのあたりは、この星野武蔵と結婚するかとは別問題です。

しかしながら少なくとも武蔵との結婚はなさそう。

 

その理由は、一つには星野武蔵という人物設定自体がフィクションであって、9月まで続く連ドラのわりと早期に登場していること。

 

 

もう一つは、今後、花森安治をモデルとしているらしい唐沢寿明とか、他にも及川光博とか山口智充とか、次々と登場する予定なので、よほどの強いパワーで二人が夫婦になる効用(?)がない限り、常子と武蔵という「夫婦」は想定できないこと。

 

もう一つは、このドラマの芯とも言える常子の使命(目標)が、鞠子と美子を嫁に出すことなので、女学生の段階で出会った(奥手とはいえ一応、出会った?)星野武蔵との結婚は、これから10年単位で待っていてもらわない限り、タイミングとして困難と思えます。

・・・などですが、まあ結論は視聴者の一人なので、「結婚しないと思う」としか言えません。

あたりまえじゃないか! と思った方にはすみません。

 

それにしても星野武蔵(坂口健太郎)さんは、これまで『いつ恋』で一風変わった友人役(晴太)を演じていた時の坂口さんとは、かなり違うキャラクターに見えて見事です。

史実でも父親の葬儀の喪主を務めたという大橋鎮子さんは、かなりユニークな人生だったことでしょう。しかり、フィクションの常子も、まだまだ男性に負けないエピソードを作っていきそうです。

ドラマで常子の結婚は、相手が武蔵に限らずないような気もします。ただしそこは朝ドラなので、視聴者の予想と大きく異なるくらいのビックリ企画があるか・・・楽しみにしています。

「暮しの手帖」とわたし [ 大橋鎮子 ]

-ドラマ
-,

執筆者:

関連記事

砂の塔最終話ロケ地、航平が走った橋、点灯式のマンション

「砂の塔」最終話。ついに終わりました。なんと犯人は航平・・という衝撃の展開ーー。 火事を見上げながら航平が走っていた橋は豊洲の富士見橋。亜紀たち家族が点灯式をしたマンションは、江東区若洲にあるWAKA …

「夏目漱石の妻」のロケ地

「夏目漱石の妻」のロケ地は分かるところで、福島県猪苗代町の天鏡閣(てんきょうかく)、茨城県常総市、千葉県(県立房総のむら?)などがあります。 ただし1話が終わって2話の放送前、本日の段階です。ロケ地が …

カルテット最終話で真紀の団地と公園は多摩川住宅?

カルテット最終話で、真紀が「コロッケデート」をスクープされてしまいました。 撮影協力に「多摩川住宅管理組合」が出てきます。 すずめ(満島ひかり)たちが真紀(松たか子)をおびき出したのは東京都調布市染地 …

とと姉ちゃんに星野の再登場はあるか?

「とと姉ちゃん」に星野武蔵(たけぞう@坂口健太郎)の再登場はあるか?ですが、結論からいうと正確なことは分かりません・・・ なんて、意味のない話ですみませんが、せめて再登場するかまして結婚があるか「分か …

ドクターX、10話冒頭の神社(安産祈願)は杉並の大宮八幡宮

ドクターX4、10話冒頭の神社のロケ地は杉並の大宮八幡宮でした。安産祈願で有名なのですね。1063年に建てられるという歴史ある神社。 大門未知子(米倉涼子)と城之内博美(内田有紀)と神原晶(岸部一徳) …

ご訪問ありがとうございます。記事内の情報は投稿日時点のもので、後に変化しているケースもあります。ご了承ください。

*弊サイトでは、罪に関わりそうな記事内容や、個人情報的要素などは6ヶ月経過後、基本的に表示しておりません。故にカテゴリに偏りがありご迷惑をおかけしますが、どうぞご了承のほどお願いいたします。