ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。成し遂げた、上手くいった、嬉しい、ツイてる!が一番ですが・・今日の気になるを、色々諸々お届け中です。

岡田晴恵さんのプロフィール、「告発」とは

      2020/03/03

岡田晴恵さん(白鴎大学教授)のプロフィールや年齢などが注目されています。新型コロナウイルスの問題が世界的に収束の見通しのない現在、岡田教授のコメントがあらたに波紋を呼ぶ局面もありました。どんな人物でしょうか。

岡田晴恵教授のプロフィールと年齢

岡田晴恵さんの肩書は、端的には白鴎大学教授、そして元国立感染症研究所研究員となっています。新型コロナウイルス感染症の諸問題が連日報道される中、近頃はテレビで岡田晴恵教授を見ない日はないと言われるくらい、複数の番組に出演して活躍しています。

プロフィールとして、今分かっているのは以下の点です。

岡田晴恵(おかだはるえ)

生まれ:1963年生まれ
⇒ つまり年齢は現在56歳、または57歳

出身大学:共立薬科大学大学院薬学研究科修士課程 修了
順天堂大学大学院医学研究科博士課程中退
ドイツ・マールブルク大学医学部ウイルス学研究所に留学

これまでの経歴
アレクサンダー・フォン・フンボルト奨励研究員、
国立感染症研究所研究員
日本経団連21世紀政策研究所シニア・アソシエイトなど

医学博士

また、白鴎大学教授とは、詳細は教育学部教授です。
厚生労働省の国立感染症研究所においては、「ウイルス第三部研究員」でした。

専門は感染免疫学ワクチン学

なお共立薬科大学は、ご存知のように現在慶應義塾大学の薬学部に合併されています。

ちょっと怖いタイトルですが・・感染症と冷静に向き合うためにこそ、必要な本だ、つまりは詳細が分かりやすいという感想もありました。

なお白鴎大学は栃木県の小山市にある私立大学で学部は、経営学部、法学部、教育学部が設置されています。同大学はすでに春休みということです。

岡田晴恵さんのウィキペディアは作られていません。また、専門家としてのプロフィールや年齢は上記のとおりですが、結婚されているか否か、お子さんは等々、プライベイトなことは分かりません。

日本国民として、今はそういうことに関心を持っている場合でない、という現況とも言えるでしょう。

岡田晴恵さんの発言に対する反響

岡田晴恵教授の発言を巡っては、現在もろもろの反響が見られます。

言葉通り受け取ると、これは国家的にかなり深刻な事態です。

しかし、一方でこんな声もあります。

岡田教授が「告発」で注目される

岡田教授の発言を巡っては特に2月28日の「羽鳥慎一モーニングショー」でのやり取りが、注目されます。岡田晴恵教授が突然に暴露を開始したというのですが・・・この件が、重大な「告発」であるとして、いま世論の注視の的と鳴っています。

頃合いを見て羽鳥アナが「なんで岡田先生、こんな(検査の)数少ないのかなって、とこなんですけど」と質問する。

岡田教授は「あの……」と話し出すのだが、その声が震えていると気づいた視聴者は少なくなかっただろう。

この続きは、【新型コロナ】PCR検査の拡大を感染研OBが妨害……「岡田教授」がテレ朝で告発の波紋、という記事になりますが、締めくくりとしてこう語っています。

そういう意味では、論文がどうだとか業績がどうだとかということよりも、人命を、本当のところの人命を取っていただきたいという、元々の感染研の方針に帰っていただきたい》

最後に岡田教授は「一部にそういうOBがいるってことで、人命に関わってくるというのは凄く怖いなと思っています」

(https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200301-00611325-shincho-soci&p=3 より)

そういうOB」とはどういうことなのか、現在、波紋の只中。

新型肺炎、新型コロナウイルス問題について、3月1日現在、素人がこの事態に何も言いようがありません‥。月並ですが、少しでも早く、少しでも被害者を少なくして、世界的にウイルス問題が収束されることを願うばかりです。

 - ニュース速報