ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

井手峻(いでたかし)さん(東大出身)が東大野球部の監督に・・

   

井手峻(いでたかし)元プロ野球選手が11月6日、東大野球部の新監督に就任しました。 1944年2月生まれの井手監督は、現在75歳で、東大に在学当時は、ちょうど歌手の加藤登紀子さんも在学していたという世代です。

井手新監督位は、東大出身プロ野球選手として史上2人目としても知られ、ドラフトで指名されたことでは史上初でした。

 

東大卒のプロ野球選手として近年では、2018年8月に、宮台康平投手が北海道日本ハムファイターズで、公式戦先発登板して話題となりました。

 

井手監督は就任にあたって年齢を気にしたようだが、加藤はこう書いている。

「75歳の同い年。私は人生の4幕目のクライマックスシーズンと呼んでいます。これからのご活躍、大いに期待しています。3回目の25歳、まだまだ若いんだしね」

(11月6日 中日スポーツ)

 

井手峻監督は、1966年のドラフトで、中日ドラゴンズから指名され、一年目の1967年から一軍に上がったという、当時でも注目の選手だったそうです。エースとしての活躍でしたが、後に外野手に転じ、1974年の長嶋茂雄さんの引退試合にも出場

引退は1976年のことで、東大出身のプロ野球選手としては、最も長い現役時代でした。

 

 


プロ野球で頭脳派と言われたそうですが、東京大学野球部出身となれば、それはそう・・という気もします。

井手監督は、東京都の新宿区の出身で、出身高校は都立の新宿高校になります。1944年生まれということは、出生の当時は戦時中のこと。

 

昨年の宮台投手の活躍を見て、たいへん期待していたとのことです。

 

 

 

ところで東大野球部は、東京六大学野球の野球部のなかで唯一の国立大学野球部。

もともと早慶戦から始まった東京六大学野球連盟のなかで、優勝したことはありませんが、野球部に入る選手の、野球の経緯を考えると、6大学野球としてしっかり参加していること自体、なかなか驚異的とも言えるでしょう。

 

東大出身のプロ野球選手としては小林至(こばやしいたる)氏も著名で、『語りつぐ神話』等の著作があります。

 

 

井手峻(いでたかし)新監督のもとでの東大野球部の活躍が楽しみです。

 - スポーツ