ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。成し遂げた、上手くいった、嬉しい、ツイてる!が一番ですが・・今日の気になるを、色々諸々お届け中です。

ドラマ

浪花千栄子でございます、の浪花さんは南口キクノだからオロナイン軟膏!?

投稿日:2019-11-03 更新日:

浪花千栄子さんとオロナイン軟膏

浪花千栄子さんは、自伝も残した大御所女優さん。故人ですが、大塚のオロナイン軟膏(なんこう)のコマーシャルで有名でした。ホーロー看板にも登場し、世代によってはこの画像を懐かしく思い出す方も多いそうです。

本名は南口キクノさんで、南口(なんこう)にちなんでというか、大塚製薬に見込まれて、オロナイン軟膏のコマーシャルに起用されました。浪花千栄子でございますのセリフも有名でした。

 

「浪花千栄子でございます」というのは、そのコマーシャルの始まりの言葉。「お子たちの傷や、しもやけに…」という親しみやすい語り口でした。

本名が南口 キクノさんで、コマーシャルのフレーズには、「南口キクノといいますねん」というのもあったそうです。

浪花千栄子さんといえばオロナイン、なのですが何故か「浪花千栄子 ボンカレー」というフレイズが出てくるのは、同じくホーロー看板でボンカレーも、親しまれていたからでしょう。ちなみにボンカレーの方は松山容子さんで、1937年生まれの方です。

&nbsp

浪花千栄子さんと連続テレビ小説「おちょやん」

ところで2020年のNHK連続テレビ小説は「おちょやん」に決まり、そのモデルは浪花千栄子さん。杉咲花さんがヒロインと決まっています。

 

「おちょやん」は大阪の道頓堀を舞台にしたドラマで、浪花さんはかつて、松竹新喜劇の前身であった松竹家庭劇に参加して活躍しました。

浪花千栄子さんは2代目渋谷天外さんと1930年に結婚していましたが、渋谷天外さんが他の女性との間に子供をつくったことから、千栄子さんは、離婚し、松竹家庭劇からさらに松竹新喜劇で活躍していたものの、そこを辞めました。

 

いわば、そのまま活動を止めたかのように、一時期は見えていましたが、ラジオ番組「アチャコ青春手帖」に出演したことから、今で言う「ブレイク」しました。その後も、

 

『彼岸花』・・小津安二郎監督
『蜘蛛巣城』・・・黒澤明監督

これらは代表作の映画と言えます。

生没年は1907年生まれで1973年に消化管出血で亡くなっていますから、当時66歳で、今から考えるとまだまだお若いのに・・という気がいたします。

 

浪花千栄子さんの出演作は、数知れないほど多岐にわたりますが、「浪花千栄子でございます」とは、上記のように大塚製薬のオロナイン軟膏の宣伝。

当時はホーロー看板が街のあちこちに貼られ、大村崑さんのオロナミンCのホーロー看板も有名でした。

 

浪花千栄子さんの自伝というのは、こちら、『水のように』になります。水のように

杉咲花さんと「おちょやん」

さて、「おちょやん」の杉咲花さんですが、近頃急成長で注目される女優の一人。

もはや、立派な朝ドラヒロインですね。

浪花千栄子さんについては、黒谷友香さんが2012年に『吉本百年物語 焼け跡、青春手帖』で演じていますが、朝ドラのモデルですから、ここまで詳しく取り上げられるのは初めてです。

 

 

浪花千栄子さんの活躍をリアルタイムで知る方は少ないことでしょう。ドラマ化されて、その迫力を皆で知ることになりそうです。

PS:2020年はコロナに揺れて、朝ドラの放送も不規則でしたが、11月30日からいよいよ杉咲花さん主演で、「おちょやん」が放映されます。

-ドラマ

執筆者:

関連記事

モンタージュ 三億円事件奇譚(きたん)の唐沢寿明と夏木マリ

『モンタージュ 三億円事件奇譚(きたん)』が2016年夏に放送されます。唐沢寿明さん、夏木マリさんの出演を個人的には注目しています。主演は福士蒼汰さんで、西田敏行さんは大物の政治家、遠藤憲一さんは例に …

逃げ恥8話のみくり実家は館山(千葉)の布良

「逃げ恥」(逃げるは恥だが役に立つ)8話はますます絶好調で、北海道では視聴率22・7%と、どこまで行くでしょう。 8話で実家に帰ったみくりですが、あの海辺のロケ地はどこ? あの「市議会議員の野口まゆ」 …

「砂の塔」のロケ地、紅葉狩りと豊洲3丁目(6話)

「砂の塔 知りすぎた隣人」は、謎が増えるばかり・・・です。しかしロケ地は、あのマンションから話が広がって6話では紅葉狩りに行きました。 そして高野亜紀(菅野美穂) と夫の健一(田中直樹)と、謎の音女性 …

母になるで歩く羽田2〜6丁目の堤防、広とナウが訪ねた駐車場

『母になる』で広(こう)や麻子がたびたび歩く堤防は、大田区羽田2丁目の羽田第二水門近辺や、6丁目あたりの多摩川沿いになります。 また母になる5話で広(道枝駿佑)とナウ先輩(田中今偉:望月歩)が訪ねた駐 …

「母になる」で小池栄子の行った産婦人科と、広を置いた交番

「母になる」6話のロケ地。小池栄子さん(麻子)が行った産婦人科は江戸川区西葛西3丁目にある三枝産婦人科でした。 そして麻子が幼い広を一時、置いて放置した交番(小森警察署上岡交番)は、大田区東雪谷にある …

ご訪問ありがとうございます。記事内の情報は投稿日時点のもので、後に変化しているケースもあります。ご了承ください。

*弊サイトでは、罪に関わりそうな記事内容や、個人情報的要素などは6ヶ月経過後、基本的に表示しておりません。故にカテゴリに偏りがありご迷惑をおかけしますが、どうぞご了承のほどお願いいたします。