ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。成し遂げた、上手くいった、嬉しい、ツイてる!が一番ですが・・今日の気になるを、色々諸々お届け中です。

スポーツ

伊藤達彦選手(東京国際大学)の出身校は浜松商業高校

投稿日:2019-11-03 更新日:

東京国際大学の伊藤達彦選手が11月3日の全日本大学駅伝(学生3大駅伝第2戦)において、13人抜きで首位に飛び出るという快挙を成し遂げました。

箱根駅伝を1位で予選通過した東京国際大学

東京国際大学は10月26日の箱根駅伝予選会で、1位となり、本戦出場を決めて注目されたばかり。そのときのアンカーが伊藤達彦選手で、日本人ではトップとなりました。

 

今日の大会は、名古屋の熱田神宮西門前をスタートし、三重県の伊勢神宮内宮宇治橋前がゴールという8区間のトータル106・8キロになります。

 

伊藤達彦選手は、静岡の出身で、地元の浜松商業から、東京国際大学の大志田監督に勧められ、東京国際大学に進学し、同大の駅伝主要選手となったことが分かっています。

中学から見ると、出身中学は地元の浜松市立北部中学校です。

浜松市立北部中学校

浜松商業高校

東京国際大学

 

東京国際大学では人間社会学部スポーツ学科を専攻しています。

浜松市立北部中学校が母校ですが、中学時代はサッカー部だったという逸材。

たしか瀬古利彦氏の物語(NHKのファミリーヒストリー)で、瀬古氏も他の部活動をしていて、助っ人的に走ったことから陸上選手へ・・という話があったと思います。

伊藤選手は、サッカー部選手だったけれど助っ人で駅伝を走ったそうです。そんな経緯もなにか大器を予感させてくれそうですネ。

 

伊藤達彦(いとうたつひこ)選手
生まれ:1998年3月23日
出身地:静岡県浜松市
体重:50キロ
身長169センチ

 

 

 

 

スリムな伊藤選手ですネ。

 

浜松商業時代は淡々とした記録だったが、大志田監督監督から誘われ・・

浜松商業というと以前の、高校野球に全国の商業高校が名前を連ねていたときの商業高校の一つとなります。

伊藤達彦選手は、中学時代に、たまたまので駅伝で触発されて高校から駅伝を始めました。

その浜松商業時代の成績は、さほど驚くような記録ではなさそうです。ベスト記録が5000メートルで14分33秒とのこと。

その数字がどういう意味か、私ども素人には分からないのですが、いずれにしても、伊藤達彦選手の能力を全体としてしっかりと見込んだ監督も、また素晴らしかったということでしょう。

 

**

余談です。某大学の駅伝監督をしている方の講演を間接的に聞いたことがあります。

駅伝常連校ですが、ともかく駅伝に力を入れたいと思う大学は数多いわけです。仮にですが、20とか30とか、もっと多数の大学の駅伝部監督が、全国の「有力高校生」を求めて奔走したら、そこには熾烈な競争もあるらしいです。

有力高校生はもちろん、全国に多いことでしょう。しかし仮に、30大学✕10人✕毎年? くらいの選手を集めるために、全国から逸材を探して歩く、しかも自分の大学に呼んでくる・・というのはなかなかの一大事業ではないでしょうか。

 

東京国際大学はシード校ではないけれど、トップで予選通過というのは、現在、最も注目される駅伝チームの一つであることは間違いありません。

**

 

伊藤選手は、ずっと大学駅伝を目指していたというよりは、高校卒業ころは調理師免許を取得する専門学校への進学、もしくは、就職を考えていたということーー

 

今回の快挙には、伊藤選手自身の努力ももちろんのこと、監督はじめ、選手を育てている方々の積み重ねが実ったということなのでしょう。

 

ちなみに伊藤達彦選手が東京国際大学に入って、現在の4年生までに残してきたおもな記録は以下のようになります。

 

2017年:全日本駅伝予選会関東地区予選会 (00:29:34.00) 18位
2017年:箱根駅伝予選会(01:00:14.00) 28位
2018年:箱根駅伝(01:10:16.00) 15位 2区
2018年:都道府県駅伝 エントリー
2018年:学生ハーフ(01:04:09.00) 11位
2018年:全日本大学駅伝 エントリー
2019年:箱根駅伝(01:08:36.00) 11位 2区
2019年:都道府県駅伝(00:24:58.00) 21位 3区
2019年:学生ハーフ(01:01:52.00) 3位
2019年:(00:28:58.58)全日本駅伝予選会関東地区予選会 10位
2019年:箱根駅伝予選会 エントリー

 

 

先日の箱根予選会で筑波大学が出場を決めたことは、筑波大学が6位通過、第96回箱根駅伝の出場校、予選会の結果は?のとおりです。

東京国際大学の所在地は、埼玉県の川越市になります。学部学科にもよりますが、偏差値はおよそ40前後というデータになります。

箱根駅伝を前にして、予選からトップで通過した東京国際大学は、シード権を取りに行くのはもちろんとして、それ以上、他のチームにとっても脅威になりそうな勢いです。

 

 

-スポーツ
-

執筆者:

関連記事

寺島成輝の中学は?ソフトバンク等ドラ1候補

寺島成輝選手の出身中学は大阪の茨木市立東中学校。その前に、東京にいた時期は国分寺第九小で軟式野球、大阪の日吉台小4年から硬式野球をやってきました。高校は履正社で今やソフトバンク始め、阪神からも、海外か …

福島県メンバーは相沢晃選手も!全国男子駅伝2020(ひろしま男子駅伝)

第25回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会の開催が、2020年1月19日に迫っています。各都道府県では続々と出場メンバーが決まっていますので、その中で2019年の優勝県である福島県のメンバーについてご案 …

原晋監督(青学・駅伝)の政界進出はあるか?

原晋(すすむ)青山学院大学陸上競技部監督(もうすぐ50歳)の政界進出はあるでしょうか? 今や駅伝や陸上競技で、時代の寵児のように輝いている原晋氏。3月8日生まれなので今年もうすぐ50歳ですが、9度目の …

箱根予選、藤原監督の中大は出場権逃す、パトリックワンブィ1位

箱根駅伝予選会(第93回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会)で新任:藤原正和監督の中大は出場権を逃しました。日大のパトリック・ワンブィが1位を記録。 箱根駅伝予選会は10月15日に立川市の陸上自衛隊立川 …

トーマス・バッハ会長とは? 注目のIOC会長

トーマス・バッハ氏は国際オリンピック委員会 (IOC) の会長で現在62歳。ドイツ生まれで、40年前にフェンシング選手としてモントリオール五輪に出場し、団体で金メダルを獲得しました。 2013年に会長 …

ご訪問ありがとうございます。記事内の情報は投稿日時点のもので、後に変化しているケースもあります。ご了承ください。

*弊サイトでは、罪に関わりそうな記事内容や、個人情報的要素などは6ヶ月経過後、基本的に表示しておりません。故にカテゴリに偏りがありご迷惑をおかけしますが、どうぞご了承のほどお願いいたします。