ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

子どもを第一志望に合格させた親の3つの共通点

   

本書のことが気になったので、ご紹介。

タイトル自体が、文字どおり内容を示しており分かりやすいです。

『子どもを第一志望に合格させた親の3つの共通点 ―偏差値60以上の高校合格率100%! 片田舎の天才塾講師が偶然発見した』河原利彦著

親が子供に、宿題したの?とか、勉強しなさいとか、言わないこと。

そう言われてみれば、そんな気がするのですが、ついつい言ってしまう「勉強しなさい!」。

子供の受験に、親が心配し、親のイライラや心配を子供にぶつけるようになったら、たしかに子供にとっては最悪の事態です。

 

 

 

受験は人生の壁の1つといえば1つかもしれません。

しかし、だからといってすべてが決まるわけではない。

万が一、第一志望が叶わなかったとしても、それはそれ。

 

だって人生、そんなことで決まるはずがありません。

・・・なんですが、来春には受験という真っ最中の受験生や、その親にとって、つい、それがすべてであるかのように、大きな絶壁が立ちはだかっているように感じるかもしれません。

 

詳細は書籍に譲るとして、1つ重要なことは、受験がすべてでないのだから、家庭では動揺することなく、淡々と、きちんとふつうに生活することでしょう。

 

親が率先してふつうに起きて食事して、家族みんながきちんと洗濯された衣類を身に着け、家の中は整然と整理され・・・

 

・・というふうには、いかないこともありますが、生活をきちんと営みたいものです。 河原氏の著作には、以下もあります。

 

ちなみに河原氏による、楽器を練習することは学習のワーキングメモリーを増やすことになる、という解説がありました。

河原氏が若い頃に音楽に傾倒し、ビートルズにも衝撃を受けていたこと等、総合的に関連して、時間として出てくるノウハウがあるのでしょう。

 

ちなみに、こちらも教材となっています ⇒  「卑怯な授業」不合格にならない数学の裏技

 

河原氏の著作をいったん離れて考えても、受験はたしかに重かったり、逃げ出したくなったり、

 

途中経過が思わしくないと、不安や重圧に潰されそうな気分になることも、充分、考えられます。

 

 

 

 

しかし考えようによっては、受験という区切りがなくても、いずれ、家庭としても、親としても、いつかは克服すべき課題が、子供の受験という形で訪れているのかもしれません。

 

 

勉強方法のノウハウは、仮に塾講師など専門家に委ねるとしても、家庭の基盤を守る=子供の精神的安定の礎となる、ことだけは親として、取り組みたい課題のような気がします。

 

 

 - 教育・政治