ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。成し遂げた、上手くいった、嬉しい、ツイてる!が一番ですが・・今日の気になるを、色々諸々お届け中です。

ドラマ

奥様は取り扱い注意の綾瀬はるか16歳の教会は早稲田奉仕園

投稿日:2017-11-10 更新日:

「奥様は、取り扱い注意」で16歳だった綾瀬はるかが座っていた教会は、早稲田の「早稲田奉仕園」のスコットホールでした。

毎回、綾瀬はるか(伊佐山菜美)の幼い頃からの過去が小出しされているわけですが^_^;

今回は幼時の伊佐山菜美ちゃんが16歳になっていました。仲間の敵を打つために、暴走族と対決し、暴走族を解散に追い込んだたくましいなみちゃんですが、・・

菜美を「拾ってくれた」人物が、ここはお前には狭すぎると言って、広い場所に送り出してくれました。そういってもまだ16歳なんですが、ともかく静かな教会を出て行く場面から、スタートしました。ロケ地が早稲田奉仕園。

 

3年後にある国家の特殊工作員になるということで、ある国家って? はともかく、閑静な教会は意外にも都心にありました。

早稲田に向かう途中、『穴八幡宮』が目立ちますが、その近くに早稲田奉仕園はありました。公益財団法人早稲田奉仕園の運営で、敷地内にアクティブ・ミュージアム女たちの戦争と平和資料館も見えます。

(新宿区西早稲田2丁目3番)

 

この、 早稲田奉仕園の「スコットホール」は撮影にたびたび使われているのでしょうか。たまたま、奥様は取扱注意6話の翌日に放映された「刑事ゆがみ」 第5話でも、早稲田奉仕園のスコット・ホール前が登場しました。

前花道市長を父に持つ宇津巻京子(板谷由夏)と、婿で市会議員の誠治(丸山智己)のひとり娘・真利奈(後藤由依良)・・・

 

ということで、母親の自作自演というまさかの展開でしたが、娘のバレエシューズが置かれていたのは、まさにここ。スコットホールの前のベンチでした。

早大も学習院女子大も並ぶこの一角に、こんなステキなスポットがあったのですね。

「刑事ゆがみ」 ではヒズミちゃん(山本美月)が言葉を発しない理由が示され、詳細はまだまだ引っ張られそうですが、面白くなってきました。 ヒズミちゃんの事件(ロイコ事件?)も、最後までには解明されるでしょう。

さて、奥様は取扱い注意ですが、

 

6話では、竹財輝之助が出てきました。「一生忘れられない経験にしてあげる」なんて嫌らしいのですが、『トットちゃん』にも出演しており、トットちゃんが惚れた牧師役が素敵でした。

 

ところで伊佐山勇輝(西島秀俊)は何をしている人なのでしょう? 警察とか探偵とか、その種の専門職には関係ないのでしょうか?

-ドラマ
-, , ,

執筆者:

関連記事

レディ・ダ・ヴィンチの診断ロケ地、日大商学部、宮下歩道橋

「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」のロケ地で「東光大学病院 」になっている日大の商学部の建物が注目されます。 第3話では、女子高生たちがみんなで倒れた歩道橋というのは、明治通りの宮下第1 …

カルテット、高橋一生の美容院ロケはボレロビオ(国立)

火曜ドラマカルテットで家森諭高(いえもりゆたか)役の高橋一生@ヴィオラ奏者は、国立市の美容室ボレロビオでロケしました。   ドラマでは「軽井沢の美容室に勤めているが、資格は持っておらず、30 …

とと姉ちゃん 石岡

とと姉ちゃんに石岡という地名が表示されて、あれ?茨城県の石岡?・・・。とと姉ちゃんは静岡が「地元」なので意外でした。もちろんロケ地は、他のところもあるでしょうけれど。 なるほど、とと姉ちゃんのロケが茨 …

カルテットで真紀と夫が凧揚げを見た荒川河川敷と唐揚げの居酒屋

『カルテット』の6話で真紀と夫が土手のベンチに座って凧揚げなど見えている広い河原がありました。そこは荒川河川敷。 荒川河川敷でも、首都高に近い江北橋緑地のあたりの風景が見えます。   スカイ …

古関金子さん(朝ドラ「エール」古関裕而の妻)は豊橋出身で圧巻の行動力

古関金子(こせききんこ)さんは豊橋市出身、明治生まれの声楽家です。 「オリンピック・マーチ」を作曲した福島市出身の古関裕而さんの妻となった方で、二人をモデルとした2020年の朝ドラ「エール」が始まるこ …

ご訪問ありがとうございます。記事内の情報は投稿日時点のもので、後に変化しているケースもあります。ご了承ください。

*弊サイトでは、罪に関わりそうな記事内容や、個人情報的要素などは6ヶ月経過後、基本的に表示しておりません。故にカテゴリに偏りがありご迷惑をおかけしますが、どうぞご了承のほどお願いいたします。