ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。成し遂げた、上手くいった、嬉しい、ツイてる!が一番ですが・・今日の気になるを、色々諸々お届け中です。

ニュース速報

モナコインが高騰?ビットフライヤーで取引可能

投稿日:2017-10-05 更新日:

モナコインビットフライヤー(bitflyer)でも取引可能になり、かなり高騰?という動きがありました。

モナコイン(Monacoin)は仮想通貨のなかでも「日本で最初の」仮想通貨とされます。モナコインという名前は、2ちゃんねる発祥のAA:モナーから。

 

仮想通貨として日本初であるばかりでなく、世界で初めてのセグウィット(segwit)を実現させた・・・と、頭が慣れないうちはどうも「?」が飛び回ってしまいました。

そもそもですがsegwitとは何でしょうか?

セグウィットとは?

セグウィットとは、仮想通貨のアップデートであり、取引量を増やすために行われます。

2ちゃんねるのソフトウェア板で、Mr.Watanabe(わたなべ)氏が開発した日本初の暗号通貨がモナコイン

そのモナコインが世界初のアップデートを成功させて、注目されているわけです。そして今回手軽に操作できるビットフライヤーでの取引が可能になりました。

ビットフライヤーにログインすると最近の動きが見えますが、モナコインで以下のような推移がありました。

 

上の、特に尖っている部分が10月3日に一気に上昇して50円から70円になった時です。

10月5日現在は、落ち着いた動きになってきました。

モナコインは一時、2017年7月には88円を記録したこともあります。数字が小さいように感じてしまいますが、たとえば昨年末には「2.8」円だったので、昨年末に1000持っていた人なら、

2800円 ⇒ 88000円

という計算になります。

そのあたりは、ビットコインそのものも、複数のアルトコインも、計算上は、いくらでも「もうかる瞬間」がありそうですが・・・

 

アルトコイン(モナコイン)を当時から持っていたわけでないので、専門っぽい言い方はできませんが(・∀・)b

現在はビットフライヤーの管理画面をこまめにチェックして、ときどき購入しています。

 

↑管理画面の「アルトコイン販売所」でアルトコインの一つ、モナコインを購入することができます。

 

ビットコインについては、全面投入できない人でも将来のために「1万円分でもいいから購入しておいたらいい」という声も聞きます。

専門的なコメントはできませんが、個人的には今後もしっかり見ておきたいなと思っている一人です。購入した額はまだわずかですが。

ビットフライヤーは、まずは無料登録からログインできます。詳しくは・・・

ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

IDを持っておくと、毎回ログインせずともリアルタイムでビットコインの価格(BTC/JPY)の動きを見ることができます。

ビットコインは10月5日午前のいま478,830円ですが、0.1bitでも0.01bitでも購入が可能です。

 

ちなみに、只今のモナコインは

購入価格 (MONA/JPY)59.844
売却価格 (MONA/JPY)51.010

となっています。+10でも600円もしない計算です。

詳しくはビットフライヤーでごらんください。

 

 

-ニュース速報
-, , ,

執筆者:

関連記事

小池氏が守る「7人の侍」とは誰?

小池百合子都知事が守ると明言された「7人の侍」とは誰のことでしょう。七人の侍(サムライ)とは、まず名前だけは以下の方々です。 ●豊島区議会議員 本橋弘隆氏 細川正博氏 河原弘明氏 里中郁男氏 星京子氏 …

本庶佑(ほんじょたすく)ノーベル賞候補のご家族やSTAP等・・

本庶佑(ほんじょたすく)氏が2016年もノーベル生理学・医学賞の候補に選ばれています。本庶佑京都大学客員教授は、「プログラム細胞死1 ( PD – 1 )およびその経路の解明により、がん免 …

ワーホリ税延期とワーホリ時の住民票

ワーホリ税(ワーキングホリデー税)の延期をオーストラリア政府が決めたことで、とりあえずホッとした方も多いでしょう。 オーストラリア政府は17日、滞在中に一定の就労が認められる「ワーキングホリデー」制度 …

「党紀の保持について」文書@自民党、は小池氏に有利らしい

「党紀の保持について」という文書は、告示前に、自民党東京都連が各所に送ったとされます。事実上、増田寛也氏を応援し、小池百合子氏を応援してはダメよ、という事・・・ なんですが、これでピタッと小池さんへの …

馬毛島の所有者とは? 立石勲氏とタストン・エアポートと・・

馬毛島(まげしま)は鹿児島県西之表市にある島で、面積8キロ平方ほどの平らな地形として知られます。所有者は1975年当初は、島ごと購入した馬毛島開発株式会社でしたが、1995年に立石勲氏がオーナーの立石 …

ご訪問ありがとうございます。記事内の情報は投稿日時点のもので、後に変化しているケースもあります。ご了承ください。

*弊サイトでは、罪に関わりそうな記事内容や、個人情報的要素などは6ヶ月経過後、基本的に表示しておりません。故にカテゴリに偏りがありご迷惑をおかけしますが、どうぞご了承のほどお願いいたします。