ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。成し遂げた、上手くいった、嬉しい、ツイてる!が一番ですが・・今日の気になるを、色々諸々お届け中です。

ドラマ

軽井沢大賀ホールでカルテット、ミステリアス3500円完売!

投稿日:

カルテット最終回で、カルテットドーナツホールの4人は、軽井沢大賀ホールで『死と乙女』など演奏しました。日時は3月20日、チケットは3500円で完売!

 

軽井沢大賀ホールはこれまで何度か登場しました(カルテット5話で行った軽井沢大賀ホールと軽井沢ユニオン教会)。住所は、長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東28-4で、軽井沢駅から歩いて7分。

実際の客席は合計784席で「形式:5角形サラウンド、残響時間:1.6~1.8秒(満席時) 」だそうです。

 

ここでやろうといい出したのは真紀さん。『軽井沢ライフ』という雑誌を別荘で開きました(まるで書店にありそう!)

 

そこには実在の軽井沢大賀ホールの説明・・・

 

碓氷インターから10分とか、軽井沢駅から7分とか書いてあります。あと、どうでもいいのですが^_^;左ページの「軽井沢高原博物館」は実在しません(軽井沢高原文庫なら行ったことがあります)。

 

カルテットのポスター・・・ミステリヤス ストリングス ナイト

 

 

2018年3月20日の18:00オープンで、18:30スタート。先日の(!?)連休最終日でしたね。

3500円です。

なんと完売!

 

 

右にあるポスターのMIYUKI TANABAさんのピアノコンサート3月24日はダミーでした。

 

 

当日。(マスコミ、騒がないで。 気にしないけど)

 

 

死と乙女については、「司と早乙女」だから、真紀はちゃんと司に両思いだという説もあるようです。

 

 

席を立つ人たち。

届かなくていい人たち。

 

 

 

ちなみに実際の大賀ホールには、次々と公演が入っています。

たとえば5月6日の「【軽井沢大賀ホール 2017春の音楽祭】 ニール・トムソン指揮 読売日本交響楽団 ピアノ:辻井伸行」は売り切れ。

 

五角形の音響って、専門的なことは分かりませんが、やはり行ってみたいです。

 

 

五角形・・

 

 

それにしても、最終回でした。

終わった気がしません。最高でした。ありがとう。

 

 

カルテット最終話、最後の砂浜は熱海サンビーチ

カルテット最終話で真紀の団地と公園は多摩川住宅?

カルテット、見るだけは軽井沢プリンスプラザとブランコ公園

カルテットですずめ勤務の不動産と司とのレストラン@軽井沢

カルテットでワカサギ釣りの 照月湖と参拝した長倉神社

カルテット真紀の離婚届は文京シビック、出頭警察署は葛飾区役所

カルテット7話、アリスを捨て損なった湯川ダムと軽井沢音頭

カルテットで真紀と夫が凧揚げを見た荒川河川敷と唐揚げの居酒屋

カルテット5話で行った軽井沢大賀ホールと軽井沢ユニオン教会

カルテットで宮藤官九郎・クドカンが転げた階段は軽井沢駅北口

カルテットありす(吉岡里帆)がすずめにお金貸してのスーパー

カルテット4話ロケ地、家森が息子を誘拐?した公園

カルテット3話でブランジェ浅野屋軽井沢、すずめが鏡子と会う

カルテットのツルヤTSURUYA軽井沢店は今後も登場?

カルテットのレストランは煙事軽井沢燻製工房(ノクターン)

カルテットで4人が立つ塩尻湖(軽井沢タリアセン)

カルテット、高橋一生の美容院ロケはボレロビオ(国立)

 

 

-ドラマ
-, , ,

執筆者:

関連記事

リバース別荘へ向かう西上田駅、戸田恵梨香のパン.ド.ラサ

「リバース』2話で別荘へ向かうため村井隆明(三浦貴大)と明日香(門脇麦)が、雪の中で電話して待っていた駅は、上田市の西上田駅でした。 また美穂子(戸田恵梨香)の勤めるパン屋さんは「パン・ド・ラサ」。小 …

CRISIS、3話のロケ地「としまえん」と船橋競馬場

『CRISIS公安機動捜査隊特捜班』の3話で、不正な利益を得ており引退していた黒須一雄が孫を連れて遊んでいた遊園地は「としまえん」でした。 その前に田丸三郎(西島秀俊)が情報を求めて行った競馬場のロケ …

母になる、中島裕翔と小池栄子の象の鼻パーク、逃げ恥だった

『母になる』は何かと気になるハラハラ展開です。柏崎結衣(沢尻エリカ)と陽一(藤木直人)だけでなく、門倉麻子(小池栄子)はもちろんのこと、公の役割を担うはずの木野愁平(中島裕翔)も、みな繊細なトラウマを …

逃げ恥8話のみくり実家は館山(千葉)の布良

「逃げ恥」(逃げるは恥だが役に立つ)8話はますます絶好調で、北海道では視聴率22・7%と、どこまで行くでしょう。 8話で実家に帰ったみくりですが、あの海辺のロケ地はどこ? あの「市議会議員の野口まゆ」 …

古関金子さん(朝ドラ「エール」古関裕而の妻)は豊橋出身で圧巻の行動力

古関金子(こせききんこ)さんは豊橋市出身、明治生まれの声楽家です。 「オリンピック・マーチ」を作曲した福島市出身の古関裕而さんの妻となった方で、二人をモデルとした2020年の朝ドラ「エール」が始まるこ …

ご訪問ありがとうございます。記事内の情報は投稿日時点のもので、後に変化しているケースもあります。ご了承ください。

*弊サイトでは、罪に関わりそうな記事内容や、個人情報的要素などは6ヶ月経過後、基本的に表示しておりません。故にカテゴリに偏りがありご迷惑をおかけしますが、どうぞご了承のほどお願いいたします。