ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。成し遂げた、上手くいった、嬉しい、ツイてる!が一番ですが・・今日の気になるを、色々諸々お届け中です。

ドラマ

カルテット4話ロケ地、家森が息子を誘拐?した公園

投稿日:2017-02-08 更新日:

カルテット4話で家森諭高(高橋一生)が息子のコウタ(大江優成)に近づき、そこに元の妻、茶馬子(高橋メアリージュン)が現れ、家森は息子を抱いて逃げ出し、軽井沢へ・・

その公園は、神奈川県横須賀市汐入町1丁目1−1にあるヴェルニー公園でした。

ドラマ中の伝票によると、家森の妻の住所はウソとして、押印の日付が28.2.13で、横須賀名取台店のように見えますが、横須賀だけはたしか・・。

もちろんドラマなんですが、ロケも横須賀でした。

 

 

 

ちなみに茶馬子から送ってきた宅配伝票は「関東急便」。書いてある銃所は「港区西新町15−21−5」、宛先の家森の住所は「東京都調布市西布田7−13−7−204」

 

いずれも実在しません。みかんつめつめゼリー同様に(・∀・)b

すずめちゃんを恋人役として連れ出して、息子(大橋光大=こうた)を発見した公園。ベンチに座ってリコーダーを弾いていた公園がヴェルニー公園

「パパ。パパちょっと持ってて。うち、あっちだよ」と嬉しそうに、しかし驚くのでなくただ嬉しそうに話す「こうた」は天使のようでした。公園の水を飲む息子を見守る一生が、ステキ。

 

何してんねん! と叫ぶ元奥さんが怖かったけれど、茶馬子さん、別荘にやってきてから話すことは意外と正論でした。

アジフライにソースか、しょうゆか・・

「ソースでもお醤油でも、食べれるようになったほうがモテるよ」

カルテット、いろいろ面白いですね。

「お茶です」と声が裏返っている別府がおかしい。

 

ちなみに、家森が小学校の門で息子を探そうとして、待ち伏せしていた小学校は、三浦市の三崎小学校がロケ地でした。

ちょっと怖い茶馬子さんですが、こーたに「おはよう」と言った笑顔はサスガでした。

「あんたはそのままでええと思うよ」と家森に言った表情も。

 

言葉がキラキラ残るカルテット・・

今回のこうた君、大江優成くんについては、あまり知らなかったのですが、表情がピュアで、これから活躍しそうです。「レディ・ダ・ヴィンチの診断」第5話でが入院中の男の子役で出ていたそうです。

 

いやいや、ほんと、惹きつけポイントが半端ないい。

 

 

怖いぞ、面白いぞ。

 

 

カルテットロケ地関連・・・

カルテットありす(吉岡里帆)がすずめにお金貸してのスーパー

カルテット3話でブランジェ浅野屋軽井沢、すずめが鏡子と会う

カルテットのツルヤTSURUYA軽井沢店は今後も登場?

カルテットのレストランは煙事軽井沢燻製工房(ノクターン)

カルテットで4人が立つ塩尻湖(軽井沢タリアセン)

カルテット、高橋一生の美容院ロケはボレロビオ(国立)

 

 

-ドラマ
-

執筆者:

関連記事

「夏目漱石の妻」のロケ地

「夏目漱石の妻」のロケ地は分かるところで、福島県猪苗代町の天鏡閣(てんきょうかく)、茨城県常総市、千葉県(県立房総のむら?)などがあります。 ただし1話が終わって2話の放送前、本日の段階です。ロケ地が …

半分、青い。の「そよ風扇風機」はこれでした

連続テレビ小説、(朝ドラ)の『半分、青い。』で鈴愛と律が開発しています。 ドラマの、かなり前から、それってバルミューダにあるんじゃない? と思った方も多かったはずです。 なので今さら・・かもしれません …

anoneの林田印刷所のロケ地は川崎の江川作業所

anoneの林田印刷所(田中裕子さん=林田亜乃音)のロケ地は川崎の江川2丁目の江川作業所でした。anoneの2話で、ハリカ(辻沢ハリカ = 広瀬すず)は、あのね(亜乃音)さんに誘われるまま、林田印刷所 …

とっとテレビの坂本九と錦戸亮

『とっとテレビ』で坂本九役の錦戸亮が注目されます。トットテレビはご存知、2016年4月30日土曜日にスタートするNHKのドラマで黒柳徹子さんを満島ひかりが演じます。 で、黒柳さんとの縁のあるいろんな人 …

漱石の妻:鏡子は尾野真千子、竹中直人が面白い

「夏目漱石の妻」がドラマ化され、妻の鏡子は尾野真千子さんなのがピッタリ。そして漱石(夏目金之助)を幼い時に育てた養父の塩原昌之助役が竹中直人というのが、面白そうです。 漱石の妻、鏡子(中根鏡子)さんは …

ご訪問ありがとうございます。記事内の情報は投稿日時点のもので、後に変化しているケースもあります。ご了承ください。

*弊サイトでは、罪に関わりそうな記事内容や、個人情報的要素などは6ヶ月経過後、基本的に表示しておりません。故にカテゴリに偏りがありご迷惑をおかけしますが、どうぞご了承のほどお願いいたします。