ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。成し遂げた、上手くいった、嬉しい、ツイてる!が一番ですが・・今日の気になるを、色々諸々お届け中です。

教育・政治

都議選2017の日程はいつ?予想で自民党半減もあり

投稿日:2017-01-07 更新日:

都議選2017(東京都議会議員選挙)の日程いつかというと、期日は現段階で未定ですが、6月末または7月上旬と考えられます。

 

~~~~~~~~~~~

追記:決まりました 1月25日

都議選の日程は7月2日に決定、過半数64の行方は?

追記:議選候補者(2017年)名一覧 3月2日

~~~~~~~~~~~

 

一部では投票日が「2017年(平成29年)6月25日」と表記されていますが・・いま確実なことは、現議員の任期が7月22日で満了ということ。

 

投票日は『任期満了前30日以内、または解散の日から40日以内」と定められるため、現状として2017年7月22日の前の30日以内となります。

 

日程としては、投票日のの9日前までとされる告示日になると、候補者が確定します。まだ先のことながら、都議選の予想についても各種の報道がなされるようになりました。

 

 

 

折しも1月7日本日は、小池氏の塾(希望の塾)において都議選に向けての「選抜試験」が行われ、およそ1600人の塾生が受験しました。

 

選抜試験は「都議選対策講座」と「政策立案部会」の2講座が対象。

都議選対策講座」に合格した塾生は、今月下旬から3月にかけて、実際の講座で選挙プランナーなどから実務的な講義を受け、その後面接などを経た上で、今夏の都議選の候補者が選ばれる。

 

(日刊スポーツ 1月7日)

 

本日の受験者には、エド・はるみさんや鳩山太郎さん龍円愛梨さんなどもいました。都議選?龍円愛梨さん、エド・はるみさん(小池氏の塾)

 

 

 

 

都議選の結果を予想したものとしては、『小池新党50議席・自民半減!? 2017年都議会議員選挙 大胆予想【もし小池新党が全選挙区に擁立したら】』という記事がなるほど・・・でした。(http://go2senkyo.com/articles/2017/01/01/27468.html)

 

選挙ドットコム編集部によると、全選挙区に「小池新党」が候補者を擁立し、定数が5人以上の選挙区では2人を擁立 ・・等の一定の前提条件のもとで(条件の詳細は上記URLを参照してください)議席を予想した結果、

自民党は半減、小池新党は50席に迫る勢い・・・としています。

 

(画像の参照元は上記のURL)

 

公明党は候補者を擁立する全ての選挙区で勝利し「23議席」を獲得と予想していますので、小池新党と公明党が連携すれば合計で「72議席」となり、安定過半数を得ることができます。

(選挙ドットコム より)

 

これは一つの予想に過ぎないとも言えますが・・ 蓄積したデータがあるので一定の説得力があると見られます。その通りになったら、自民党にとってもかなり衝撃的な変化です。

 

東京都の選挙管理委員会のサイトによると、都議選の日程は明記されておらず、127議席に対する選挙が予定されることだけは確か。

近いところでは、1月29日告示2月5日投票で千代田区長の選挙があります。

 

希望の塾の動きとしては、本日が試験で・・

試験は、論文やマークシート式の適性テストで、1月20日に合格発表が行われる。

合格した塾生は、その後、選挙プランナーなどによる専門講座を受講し、選挙戦の進め方などについて学ぶ。

(1月7日 フジテレビ)

 

受験して受講して選挙に・・・とは、かなり斬新な選挙です。それが立候補するということ? と、懐疑的に受け止める人もいますし、反応は千差万別・・・

 

また、自民党都連の象徴のような内田茂氏が出馬するか等々まだまだ現在分かりませんが、新しい風が吹いていることだけは確かでしょう。

 

都民ファーストの会が一次公認する5人とは?

石川雅己(いしかわまさみ)千代田区長(内田茂氏と犬猿の仲)が出馬

 

 

-教育・政治
-

執筆者:

関連記事

なぜ!? 人生会議のポスター作成の厚生労働省サイトが見つからない

「人生会議」しとこ、という小籔千豊さんのポスターが、公表されてすぐに発送中止となり、厚生労働省のサイトからも削除されてしまいました。 なぜ? というシンプルな疑問の答えは、患者団体や遺族から抗議が殺到 …

希望の塾2902人で開講!定員と倍率は?新党は?

小池百合子都知事の政経塾「希望の塾」が10月30日に開講しました。政治塾「希望の塾」には4827人が応募したそうです。 選ばれたのは2902名。勝手に予想すると定員は100名くらいの規模かと思ったら、 …

而今(にこん)で今を生きる

而今(にこん)で今、ここに集中するということを、先ほどテレビ(あさイチ)で禅のお坊さんがお話ししていて、なるほど・・・と思いました。 将来、というのはまだ来ていないこと。まだ来ていないことを心配するの …

モニタリングとは? 豊洲市場をめぐる謎

モニタリングとは何でしょうか。豊洲市場の地下空間が、技術系の職員からモニタリング空間と呼ばれていたというニュース(9月19日朝日新聞デジタル)がありました。   モニタリングとはすでに耳に慣 …

レガシーとは?2020年東京オリンピック・レガシーについて

レガシーとは? ひと言で「遺産」といってよさそうですが、近頃特に耳にするようになったのは2020年東京五輪について、小池知事等が「レガシー」を使うから。2020年東京オリンピック・レガシーはこれからど …

ご訪問ありがとうございます。記事内の情報は投稿日時点のもので、後に変化しているケースもあります。ご了承ください。

*弊サイトでは、犯罪に関わるものや個人事情的な要素などは6ヶ月経過後、基本的に表示しておりません。カテゴリに偏りがありご迷惑をおかけしますが、どうぞご了承のほどお願いいたします。