ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。成し遂げた、上手くいった、嬉しい、ツイてる!が一番ですが・・今日の気になるを、色々諸々お届け中です。

スポーツ

卓球の加藤美優さんの所属は礼武道場

投稿日:2016-12-27 更新日:

卓球の加藤美優選手17歳が25日「2017年の世界選手権デュッセルドルフ大会」の日本代表に内定しました。

「2017世界卓球」の女子日本代表選考会が広島で行われ、決勝で加藤美優選手は、森薗美咲選手にストレート勝ち。日本代表の一番乗りとなりました。

 

加藤美優選手 の基本情報

生まれ:1999年4月14日(現在17歳)
出身:東京都武蔵野市
血液型:A型
最高世界ランク:29位
卓球の利き腕:右腕
ラケット:バタフライ/インナーフォースレイヤーZLC(FL)
17歳なので、単純に加藤美優さんの高校は? と思ったのですが、公益財団法人日本卓球協会の公式サイトでは、礼武道場となっています。礼武道場は東京都江戸川区中葛西2-24-12にある、卓球道場です。http://www.revedojo.jp/index.html

 

公式サイトでの所属先は、たとえば平野美宇さんは「JOCエリートアカデミー/大原学園」伊藤美誠さんは「スターツSC」となっており、

よく分からないのですが、情報としてはそれだけです。

 

ちなみに加藤美優さんについては、

JOCエリートアカデミー に所属、2015-16シーズンよりドイツ卓球ブンデスリーガのベルリン・イーストサイドに加入、という情報もあります。

また12月26日のテレビ東京スポーツのニュースでは「吉祥寺卓球倶楽部」と記載されており、正直よくわからないのですが、そこは重要ではないかと・・・(・∀・)b

 

 

 

ステキですね。

ところで卓球女子では黄金世代といわれる選手たちがいて・・特にこの3名は有名です。

伊藤美誠さん16歳(みま
早田ひなさん16歳(ひな
平野美宇さん16歳(みう

さらに、もうは忘れてはならない加藤美優(かとうみゆ)さん17歳を加えるともう、「みう・みま・みゆ・ひな」ちゃんになってしまい(勝手にここで呼んでしまっただけです)、なんとも凄いメンバーです。

 

加藤選手は2012年の全日本卓球選手権で12歳の時に、小学6年で女子シングルスでベスト32になり注目されました。

今更ながら卓球選手の、小学生からの活躍に驚きます。

 

来年ドイツのデュッセルドルフ大会については次の状況。

リオ五輪の団体で銅メダルを取ったエースの石川佳純(23)や伊藤美誠(16)は代表入りが確実視されているため、この選考会にはエントリーしていない。

 

5人ある世界卓球の出場枠のうち、残りの3枠を選考会で敗れた早田ひな(16)や浜本由惟(18)、選考会に参加しなかった平野美宇(16)らで争うことになる。

 

(12月26日 日刊ゲンダイ)

 

2020年の東京オリンピックの代表も、今から気になります。ステキな選手がたくさんいる女子卓球ですネ。

 

卓球世界ジュニア選手権で男女とも優勝!早田ひな・木造勇人・松山祐季選手ら

中国スーパーリーグに行った平野美宇選手、躍進選手候補

平野美宇さん中国スーパーリーグ活躍、MVP候補も!

平野美宇選手の高校、いまは高校生

 

-スポーツ
-, ,

執筆者:

関連記事

富山県メンバー@全国男子駅伝2020(広島男子駅伝)に浦野雄平が!

第25回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会(全国男子駅伝)の富山県のメンバーが、12月25日に発表されました。 メンバーの一人に、國學院大学の浦野雄平選手がいます。箱根駅伝で2019年に区間賞を受賞した …

筑波大の箱根駅伝、なんと医学部の学生も走る!100年前の優勝校が26年ぶり・・

筑波大学は、96回箱根駅伝の予選を通過して話題となりました。いよいよ2020年1月2日、3日に晴れ舞台ーー。 第一回の箱根駅伝(1920年2月)からちょうど100年目の大会に、劇的な復活。2019年は …

和歌山県の選手(2020年都道府県対抗駅伝)の注目メンバーは誰!?

和歌山県の選手が発表されています。第25回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会は目前に迫っています。 全国男子駅伝2020はご存知、広島市で開催。 和歌山県は前回の順位は9位と健闘していました。タイムは2 …

兵庫県選手@都道府県対抗駅伝2020は東海大西川雄一朗選手に注目

2020年の都道府県対抗駅伝、開催の1月19日が間近に迫っています。兵庫県のメンバー、選手団は以下となります。 Contents1 兵庫選手団のメンバー(全国男子駅伝@ひろしま)2 西川雄一朗選手(東 …

箱根予選、藤原監督の中大は出場権逃す、パトリックワンブィ1位

箱根駅伝予選会(第93回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会)で新任:藤原正和監督の中大は出場権を逃しました。日大のパトリック・ワンブィが1位を記録。 箱根駅伝予選会は10月15日に立川市の陸上自衛隊立川 …

ご訪問ありがとうございます。記事内の情報は投稿日時点のもので、後に変化しているケースもあります。ご了承ください。

*弊サイトでは、罪に関わりそうな記事内容や、個人情報的要素などは6ヶ月経過後、基本的に表示しておりません。故にカテゴリに偏りがありご迷惑をおかけしますが、どうぞご了承のほどお願いいたします。