ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。成し遂げた、上手くいった、嬉しい、ツイてる!が一番ですが・・今日の気になるを、色々諸々お届け中です。

ドラマ

身長186、筋肉の凄い鈴木亮平が西郷どん主演

投稿日:2016-10-31 更新日:

身長は186センチ、筋肉が凄いと評判の鈴木亮平さんが大河ドラマ『西郷どん!』(せごどん)の主演に決まりました。

 

凄い筋肉といっても鈴木亮平さんの素晴らしさは、体重を30キロも増量したり(「俺物語!!」2015年10月剛田猛男役)、一方で「天皇の料理番」では 秋山周太郎役で20キロも減量したり(2015年4月)、その役作りの熱意には感嘆してしまいます。

 


充分にかっこいいのですが、その演技の姿勢がとても魅力的です。鈴木亮平氏のお嫁さんは一般の方なので、画像とかありませんが、2011年7月に結婚して、女のお子さんがいるそうです。

お嫁さんとは学生時代からのお付き合いで、8年くらいお付き合いの末だそう。1983年生まれで、28歳で結婚。

 

ちなみに学生時代というのは、東京外語大を卒業しています。ご存知の「外国語」でトップレベルの大学です。(東京外国語大学(東京外語大)の偏差値2017

 

外国語がほんとうに好きで、高校時代に「ドイツ語スピーチコンテスト」で優勝したり、よく知られるように筋肉を鍛えることは、その道がプロかと思われるくらい・・・

人物の幅が広いことが魅力・・・と言えそう。

 

 

「西郷どん!」は林真理子さん原作でした。

 

『西郷どん!』ですが、一度は堤真一氏で発表されていました。鈴木亮平氏は、爽やかな好青年というイメージの一方で、カメレオン俳優の1人と言われるくらいの、役作りで定評があります。さらに薩摩弁を「ガッチャマン」で使ったこともあります。
「鈴木西郷さん」がもう目に浮かびそうです。キリン『淡麗グリーンラベル』のCMでは相変わらず爽快ですし、やっぱり幅が広い・・・・

 

 

 

2018年はまだ先のようでいて、案外早いかも。大河ドラマ『西郷どん』、いろいろ楽しみです。

 

-ドラマ
-, , ,

執筆者:

関連記事

カルテットで真紀と夫が凧揚げを見た荒川河川敷と唐揚げの居酒屋

『カルテット』の6話で真紀と夫が土手のベンチに座って凧揚げなど見えている広い河原がありました。そこは荒川河川敷。 荒川河川敷でも、首都高に近い江北橋緑地のあたりの風景が見えます。   スカイ …

カルテット真紀の離婚届は文京シビック、出頭警察署は葛飾区役所

カルテット7話で真紀と夫の幹生が離婚届を出したのは「文京シビックセンター」。 幹生が出頭した「本郷警察署」は署名として架空で、ロケ地は葛飾区役所でした。 文京シビックセンターについてはロケ地と言ってよ …

カルテット最終話、最後の砂浜は熱海サンビーチ

カルテット最終話の最後の場面は、最後らしく爽やかな海辺でした。ロケ地は熱海サンビーチ。光が眩しそうです。     空気が気持ちよさそう・・・     もう開演に …

小さな巨人で和田アキ子の早明学園は創価大学

「小さな巨人」 第6話には和田アキ子さんが理事長(金崎玲子)役の早明学園(ありそうなマンモス大学!)が登場しました。 怪しい空気がプンプンしている理事長ーーーなのはいいのですが、和田アキ子理事長とそこ …

カルテットですずめ勤務の不動産と司とのレストラン@軽井沢

カルテット8話で、すずめが宅建資格を活かして勤め始めた「根本不動産商事」は、軽井沢にある「三和商事軽井沢支店」でした。 また、すずめが白いコートで司と待ち合わせて食事に行ったレストランはあの軽井沢の通 …

ご訪問ありがとうございます。記事内の情報は投稿日時点のもので、後に変化しているケースもあります。ご了承ください。

*弊サイトでは、罪に関わりそうな記事内容や、個人情報的要素などは6ヶ月経過後、基本的に表示しておりません。故にカテゴリに偏りがありご迷惑をおかけしますが、どうぞご了承のほどお願いいたします。