ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。成し遂げた、上手くいった、嬉しい、ツイてる!が一番ですが・・今日の気になるを、色々諸々お届け中です。

ドラマ

身長186、筋肉の凄い鈴木亮平が西郷どん主演

投稿日:2016-10-31 更新日:

身長は186センチ、筋肉が凄いと評判の鈴木亮平さんが大河ドラマ『西郷どん!』(せごどん)の主演に決まりました。

 

凄い筋肉といっても鈴木亮平さんの素晴らしさは、体重を30キロも増量したり(「俺物語!!」2015年10月剛田猛男役)、一方で「天皇の料理番」では 秋山周太郎役で20キロも減量したり(2015年4月)、その役作りの熱意には感嘆してしまいます。

 


充分にかっこいいのですが、その演技の姿勢がとても魅力的です。鈴木亮平氏のお嫁さんは一般の方なので、画像とかありませんが、2011年7月に結婚して、女のお子さんがいるそうです。

お嫁さんとは学生時代からのお付き合いで、8年くらいお付き合いの末だそう。1983年生まれで、28歳で結婚。

 

ちなみに学生時代というのは、東京外語大を卒業しています。ご存知の「外国語」でトップレベルの大学です。(東京外国語大学(東京外語大)の偏差値2017

 

外国語がほんとうに好きで、高校時代に「ドイツ語スピーチコンテスト」で優勝したり、よく知られるように筋肉を鍛えることは、その道がプロかと思われるくらい・・・

人物の幅が広いことが魅力・・・と言えそう。

 

 

「西郷どん!」は林真理子さん原作でした。

 

『西郷どん!』ですが、一度は堤真一氏で発表されていました。鈴木亮平氏は、爽やかな好青年というイメージの一方で、カメレオン俳優の1人と言われるくらいの、役作りで定評があります。さらに薩摩弁を「ガッチャマン」で使ったこともあります。
「鈴木西郷さん」がもう目に浮かびそうです。キリン『淡麗グリーンラベル』のCMでは相変わらず爽快ですし、やっぱり幅が広い・・・・

 

 

 

2018年はまだ先のようでいて、案外早いかも。大河ドラマ『西郷どん』、いろいろ楽しみです。

 

-ドラマ
-, , ,

執筆者:

関連記事

カルテット真紀の離婚届は文京シビック、出頭警察署は葛飾区役所

カルテット7話で真紀と夫の幹生が離婚届を出したのは「文京シビックセンター」。 幹生が出頭した「本郷警察署」は署名として架空で、ロケ地は葛飾区役所でした。 文京シビックセンターについてはロケ地と言ってよ …

「ごめん、愛してる」の世田谷の日向家はどこ?

「ごめん、愛してる」の世田谷の日向家はどこにあるのでしょう?日向麗子(大竹しのぶ)とサトル(坂口健太郎)の住む日向家は門が白く、家の壁も白くて美しく・・ その前にたびたび佇む黒っぽい岡崎律(長瀬智也) …

コントレールのロケ地、木更津の中の島大橋

「コントレール~罪と恋~」はロケ地が気になっていました。千葉だろうな・・くらいでしたが、木更津の中の島大橋が出てきました。 第4話で出てき時に「あっあそこ!」と思ったので確かめてみると・・すでにドラマ …

木村佳乃が松(真田丸)の記憶喪失で再登場

木村佳乃さん、真田丸でも信繁の姉「松(まつ)(名は於国)」としてステキです。ですというか、でしたというか、松は織田家に人質となったあと、本能寺の変の後、脱出の途上ではぐれてしまいます。はぐれるというよ …

イノセンス(冤罪弁護士)の黒川拓(坂口健太郎)の事務所は日本橋兜町の日証館

イノセンス(冤罪弁護士)で主演の坂口健太郎の勤務する、いや住んでもいる事務所は、保駿堂法律事務所です。冤罪を扱った興味深いドラマが始まりました。 事務所は、趣ある雰囲気で、そこに志賀廣太郎や杉本哲太ら …

ご訪問ありがとうございます。記事内の情報は投稿日時点のもので、後に変化しているケースもあります。ご了承ください。

*弊サイトでは、罪に関わりそうな記事内容や、個人情報的要素などは6ヶ月経過後、基本的に表示しておりません。故にカテゴリに偏りがありご迷惑をおかけしますが、どうぞご了承のほどお願いいたします。