ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。成し遂げた、上手くいった、嬉しい、ツイてる!が一番ですが・・今日の気になるを、色々諸々お届け中です。

ドラマ 離婚・結婚

星野と常子、結婚するのを期待。とと姉ちゃん

投稿日:2016-08-17 更新日:

とと姉ちゃん」は常子がついに星野たけぞう(武蔵)と再会しました。8月17日の放送。その前日に「星野」の表札だけ見えて、分かりやすかったのですが(笑)。

あっさり、かつての植物系のさっぱり星野青年(坂口健太郎)が、娘を抱いて登場しました、葉っぱの兄ちゃん!。 でもって、二人は結婚するでしょうか?

 

星野登場でストーリー的に気になるのは、星野と常子の結婚(再婚)はあるのか? ということ。もちろんNHKは明らかにしていません。

そして、モデルの大橋鎭子さんは史実として生涯独身だったからそこは変えないのでは? という声も多々見かけます。

しかし、ここは独断かもしれませんが、常子と星野は最後に結婚するストーリーを想像しています。

 

その理由を以下の点から考えてみます。

1)恋愛・結婚ネタで盛り上げたいようす

2)唐沢氏のコメントが意味深

3)善くも悪くも史実を無視といわれる「とと姉ちゃん」

 

●まずは1)の恋愛・結婚ネタで盛り上げたいようすについて。お盆のあいだ、なんとなく間延びしたとも言われるとと姉ちゃんは、常子の妹:鞠子が水田氏と結婚するようすを、ゆっくり(?)描きました。

ヒロインの常子がもし生涯ずっと独身なら多少は結婚恋愛ネタは入れたいところで、戦前は、星野たけぞう(武蔵)とのお汁粉屋デートがありました。

そして結婚を申し込まれるも断っての、別れ。

ここで結婚していたら、もはやモデルの大橋さんと設定が違いすぎて別の話になってしまう、ということでしょうか。再会があるか否かが焦点でした。

しかしその後、鞠子が結婚し8月15日からは美子が、毎日せっせとデートのようすが描かれ、好評か否かにかかわらず恋愛ネタは朝ドラには不可欠・・な展開のもよう。

そして「盛り上げたい」の観点では、最後まで、仮に結婚しないにしても星野の子どもたちとの触れあいや、星野と常子双方の微妙な気持ちの揺れが、繰り返し描かれるのかもしれません。

蛇足ながら、とと姉ちゃんは、視聴率が高い割に朝ドラをずっと見ている人の評判はあまり高くないようです。登場人物の描き方に連続性がない、心理が分からないことなど。個人的にも、どちらかというとせっかくの高畑充希さんの起用が、大丈夫かな? という気がしています。

演じる人より、全体に脚本の故に、笑うに笑えない場面があるように感じています(小声)・・

 

 

●2)の唐沢氏のコメントというのは、ニュースソースを記録していないのが恐縮ですが、唐沢寿明氏がとと姉ちゃんに登場した頃にインタビューで、今後の見所等を聞かれて、最終回に驚くことが起きますからお楽しみに・・というようなことを語っておられた・・・表現はあいまいな記憶ですが。

 

 

最終回のお楽しみが、ヒロインの結婚なんてあり? という気もしますが、驚くとしたらここではないでしょうか。独身の大橋鎭子さんだったけれど、さすがに晩年までの描くわけではありません。

昭和48年(1973)くらいだとしたら、遅ればせながら、そんなゴールがあるかもしれません。

 

●3)の史実との関わりですが、大橋さんについてこういう描き方は失礼ではないかという声は、この朝ドラが始まって早々から割と目にしてきました。

モデルではあっても、あくまでもフィクションとのことで、ここが議論のターゲットではあります。

史実はともかくとして、いや、史実とは絶対に違うけれど、常子は結婚するかも・・・と個人的に感じています。拙い予想に過ぎませんが。

批判はあっても、それを承知で史実と違う展開をしてきたのだから、『フィクションです』を強調したらいいのでは?

そういえばこのドラマはフィクションですのテロップが8月15日から始まっています。おもに商品テストへの配慮かという印象ですが、視聴者としては、たしかにフィクションと割り切ったら、とやかくは言えません。

 

 

ただ上記のように、実在の雑誌&実在の血縁の皆さんへの配慮は大丈夫かなと感じるところはあります。常子がお金に執着するように見えたり、人に対して配慮がないように一瞬感じた場面において、です。

 

しかし、善し悪しはともかくフィクションなら、常子と二人の子持ちの星野たけぞうが再婚することは充分にあると予想します。

むしろあってほしいです。もちろん、幸せには結婚が絶対というのでなく、どちらもあり。しかし、常子は仕事に励んできたけれど、最終回で結婚が決まりました。ーーーという展開も、あっていいのではないでしょうか。

などと予想しても、9月末にはわかることですね(笑)

 

 

-ドラマ, 離婚・結婚
-,

執筆者:

関連記事

カルテット真紀の離婚届は文京シビック、出頭警察署は葛飾区役所

カルテット7話で真紀と夫の幹生が離婚届を出したのは「文京シビックセンター」。 幹生が出頭した「本郷警察署」は署名として架空で、ロケ地は葛飾区役所でした。 文京シビックセンターについてはロケ地と言ってよ …

嘘の戦争、最終話で行った千葉いすみ市の海岸、最後の空港は?

『嘘の戦争』の最終話は期待通り、最後まで「ウソ」満載でした。二科興三(市村正親)らを 一ノ瀬浩一(草なぎ剛)が連れ込んだ海岸近くの家は、千葉県のいすみ市。 ロケ地はいすみ市の岬町和泉の太東漁港の近辺で …

「獣になれない私たち」のロケ地、TSUKUMO CREATE JAPAN のビルと、新垣結衣が轢かれそうになった駅(東成田駅)

「獣になれない私たち」が、新垣結衣主演で2018年10月から始まっています。 深海晶(新垣結衣) と 根元恒星(松田龍平) がたまたま逢うことになるタクラマカン斎藤(松尾貴史)が開く店「クラフトビール …

「いつ恋」の木穂子と晴太、「錬」の元恋人と「錬」が気にする女性に恋した男

「いつ恋」の木穂子と晴太、「錬」の元恋人と「錬」が気にする女性に恋した男・・・ これでは分からない? そう、高畑充希さん(日向木穂子)と坂口健太郎さん(中條晴太)は、いつ恋(いつここの恋を思い出してき …

母になるで藤木直人が沢尻エリカを抱いたのは横須賀の野比海岸

『母になる』の2話で、藤木直人(柏崎陽一)が沢尻エリカ(結衣)に車で追いついて、海岸で話し合い、結衣を抱いたのは神奈川県横須賀で、県道212号線沿いの野比海岸でした。   その前に、広(コウ …

ご訪問ありがとうございます。記事内の情報は投稿日時点のもので、後に変化しているケースもあります。ご了承ください。

*弊サイトでは、罪に関わりそうな記事内容や、個人情報的要素などは6ヶ月経過後、基本的に表示しておりません。故にカテゴリに偏りがありご迷惑をおかけしますが、どうぞご了承のほどお願いいたします。