ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。成し遂げた、上手くいった、嬉しい、ツイてる!が一番ですが・・今日の気になるを、色々諸々お届け中です。

スポーツ

黒田和則氏辞任、萩原誠司代表は市長の岡山湯郷Belle

投稿日:2016-07-31 更新日:

 

黒田和則ゼネラルマネジャーが辞職届を出していました。岡山湯郷Belleの代表は萩原誠司美作市市長となっています。宮間あや選手、福元美穂選手などの退団意向で注目の岡山湯郷Belleの今後がたいへん気になります。

先日宮間あや選手退団の原因?結城治男監督代行とは・・ でご案内しましたが、宮間選手たちの動向が、希望をもてる方向に動いているのかも?

 

なでしこリーグ岡山湯郷の元日本代表MF宮間あや(31)ら計4選手が退団を申し入れた問題で、クラブの萩原誠司代表(60=岡山・美作市長)が30日、 リーグ杯長野戦(美作)の試合前にサポーターへ事情説明した。この日午前に岡山県内で宮間と会談したと明かした同代表は「引き続きチームと行動を共にして くれるような気がしている」と残留へ手応えを口にした。(日刊スポーツ7月31日より)

 

27日に辞職届を出していたとされる黒田和則ゼネラルマネジャーがどんな方かというと、もともとは町の該当部門の職員の方だったもようです。


チームは現在、日本代表でも活躍したMF宮間あや(31)とGK福元美穂(32)ら4選手の退団騒動で揺れている。黒田氏は取材に「辞職という形で今回の混乱を招いた責任を取りたい」と話した。

黒田氏は旧美作町職員時代からチーム発足に尽力し、2001年12月にチーム運営を担うGMに就任。現在は同法人会長や日本女子サッカーリーグ参与なども務めている。(山陽新聞デジタル 7月30日より)

 

黒田和則氏は美作市が美作町だった頃から貢献されたようです。「辞職という形で責任を・・」とのこと。

部外者がとやかく言えないのですが、辞職云々はともかく宮間あや選手などの動向が収まってもらえないかという気もします。

では、岡山湯郷Belleの責任者は誰なの? という素朴な疑問なのですが、上記のように代表者は萩原誠司氏で、美作市長でもあります。2014に『一般社団法人』となった岡山湯郷Belleということで代表者が市長なのか、そこはすみませんがよく分かりません。

 

結城治男監督代行については、パワハラ云々の報道も見かけましたが、真相はともかくとして、解任されています。責任者が誰ということとは別に、監督は?という課題も緊急でしょう。

萩原誠司氏は、以前は岡山市長だったそうです。衆議院議員も務めました。

th_014

(イメージです)

ちなみに萩原誠司市長についてはこんな報道もありました。ベトナムのニュースです。

南中部沿岸地方ダナン市のダナン大学は26日、ダナン大学と岡山県美作(みまさか)市の友好協力関係構築に貢献した萩原誠司10+ 件市長に対する名誉博士号授与式を開催した。

萩原市長は2014年に美作市長に就任。2016年に設立された美作日越友好協会の名誉会長も務めている。(ベトナムニュース 7月29日より)

ということで、まとまらない話になりました。

 

岡山湯郷Belleがこれまでのように活動し、宮間あやさんたちに活躍してもらえるといいなと思っています。

 

 

-スポーツ
-, ,

執筆者:

関連記事

栗原啓吾選手(中央学院大)は群馬出身。2年ながら注目の箱根へ・・

中央学院大学の栗原啓吾(くりはらけいご)選手は、2年生ながらチーム内でも好タイムを維持し、注目の箱根駅伝の本番を迎えようとしています。   箱根の常連校といえる中央学院大学ですが、2020年 …

福島県メンバーは相沢晃選手も!全国男子駅伝2020(ひろしま男子駅伝)

第25回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会の開催が、2020年1月19日に迫っています。各都道府県では続々と出場メンバーが決まっていますので、その中で2019年の優勝県である福島県のメンバーについてご案 …

山口県選手が決定!(都道府県対抗駅伝2020)ベテランは元青学の田村和希

ひろしま男子駅伝(都道府県対抗駅伝2020)が1月19日に開催されます。 山口県ではメンバーが選出され、かつチームオーダーも、決まっています。チームの監督も西京高校の二宮啓氏で、ベテランの実業団:田村 …

東京都の選手(2020年都道府県対抗駅伝)は、国学院久我山に注目!

東京都のメンバー(第25回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会)は以下のように発表されました。 全国男子駅伝2020は、広島の開催で、前回の優勝は福島県、2位群馬県等々注目されますが、ところ東京都はどんな …

花咲徳栄の西川愛也、2年で4番

花咲徳栄の4番打者、西川愛也(まなや)外野手が注目されています。8月10日の大曲工戦で6−1と快勝した花咲徳栄高校野球部ですが、2016年はセンバツでもこの西川愛也選手が4番を打ってきまし …

ご訪問ありがとうございます。記事内の情報は投稿日時点のもので、後に変化しているケースもあります。ご了承ください。

*弊サイトでは、罪に関わりそうな記事内容や、個人情報的要素などは6ヶ月経過後、基本的に表示しておりません。故にカテゴリに偏りがありご迷惑をおかけしますが、どうぞご了承のほどお願いいたします。