ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

吉岡里帆さん、大学は京都橘大学?

   

sponsored link


吉岡里帆さん(田村のぶ役)がいまたいへん注目を浴びています。そう、朝ドラももう残り少なくなった『あさが来た』でのこと。

朝ドラを巡っては、「いつ恋」こと『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』という長いタイトルの「月9」でヒロインを演じている『あまちゃん』に出演した有村架純さんの活躍が思い浮かびますネ。

また、いま幅広く活躍している松岡茉優さんも『あまちゃん』に出演していました。さらに『ごちそうさん』に妹役で出演していた高畑充希さんは、ご存知のように次の朝ドラのヒロイン!!凄いですね。そういえば土屋太鳳さんも『花子とアン』では妹役でした。

th_0-24
吉岡里帆さんを巡っては、メガネっ娘の生真面目なイメージと、そのメガネを外したときの素顔との、魅力の幅広さ(?)が不思議な磁力となって、ちまたの反響を招いているようです。かわい〜い! となにせブレークしそうです。

 

ご本人開設のアメブロがあります。大学については京都橘大学と言われています。ただし大学についてご本人のコメントがあるわけではありませんので、その点はご了承ください。周辺情報から総合すると、京都橘高校からのそのままの入学ではないかという推測です。ただ、1993年1月15日生まれの里帆さんはいま23歳になりますから、いまが現役で大学生か否かは不明・・・

 

つまり吉岡里帆さんの大学と大学生活については、在学中、休学中、卒業後というどの可能性もいまのところ否定できません。歴史のある大学で、京都橘大学は来年の2017年には学園創立から115周年とのこと。また大学の開学からは50周年とのこと。かなりの歴史を誇っていますネ。ちなみに開設されている学部は文学部と人間発達学部、現代ビジネス学部、看護学部、 健康科学部になります。京都橘大学は大学院も4つの部門で設けられています。

さすがの京都らしく、京都橘大学には文学部に歴史遺産学科があるのが、個人的には印象的でした。楽しそうな分野ですね。ただし、しつこいですがそこは個人的な感想であって、ご本人情報ではありません。

 

いずれ吉岡里帆さんは「京都の人」であり、太秦の近くに実家があって映画撮影の影響があったということも確かのようです。


朝ドラで一緒に出演している小芝風花さんよりも、吉岡さんは年上になります。そういえば以前のNHKの火曜10時の『美女と男子』に出ていたとのこと。仲間由紀恵さんの主演でした。じつはどの人だったか思い出せません。ずっと見ていたわけでないので曖昧です。美女と男子の、どの場面でどの人だったのでしょう? スキャンダルになった女優とどこかに解説されていました。メガネ女子ののぶちゃんより、かなり大人のイメージだったかもしれません。

th_036

若い女性の発掘の場? という位置づけともウワサされる昨今の朝ドラです。吉岡里帆さんもその一人となって、ますます活躍していただきたいです。

 

sponsored link


 - 俳優・音楽