ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

とと姉ちゃん ロケ地 飯高寺 匝瑳市

      2016/06/12

sponsored link


とと姉ちゃんで5月5日現在、ロケ地、撮影協力として千葉県の匝瑳市(そうさし)が出てきます。千葉県匝瑳市飯高にある飯高寺のようです。

5月5日の放送で確かめてみると、それらしき場面は飯高寺の境内や庫裡が映っているようです。常子との関係が注目される星野武蔵(坂口健太郎)が植物採集?で地面を這うようにして、虫眼鏡で観察しているような場面でした。

しかし、このお寺、とと姉ちゃんのなかでは常子の母親、君子が育った青柳家の近くにあって君子がときどきお参りに行っていて、つまり木場の近くにあるという設定ですね。ちなみに本当の飯高寺(はんこうじ)は、日蓮宗の由緒あるお寺で、檀林という一種の学問所だったとのこと。飯高檀林(いいだかだんりん)としての使命を果たしてその役割は立正大学へつながるそうです。

仏教(系大学)にくわしい方には今さらの話だったかもしれませんが。趣のある大きなお寺で訪ねてみたくなります。車で行くとしたら、概算で東京駅から100分くらいのもよう。もよりの駅はJRの八日市場駅ということで、これからの季節、訪ねたらステキな雰囲気でしょうね。

 

とと姉ちゃんは、ロケ地として、浜松とか茨城県の石岡とか、埼玉県の深谷商業高等学校(常子たちの通った女学校でした)とかいろんな場所が挙がっています。千葉県では他にもロケ地があるでしょうか。

th_027

とと姉ちゃんはまだまだ1ヶ月程度ですが、ロケ地の映像がきれいですね。楽しみです。飯高寺はこれからもたびたび登場するのではないでしょうか。

sponsored link


 

追記:しばらくこの飯高寺(はんこうじ)がとと姉ちゃんに登場していませんでしたが、6月6日・7日と、常子と「かか」こと君子さん、鞠子、美子の、月に一度のお出かけの待ち合わせ場所として、映っていました。冷たい雨のなかの映像でした。

あの時代(6月上旬現在で昭和10年代)なら、木場の近くにもこんな閑静なお寺があって不思議のない雰囲気があります。とと姉ちゃんは、戦争の足音が忍び寄る時代となってきました。

 

匝瑳市の国指定重要文化財の飯高寺。 #寺#千葉#chiba #temple #匝瑳市#重要文化財 #飯高寺

山﨑健太朗さん(@ken_yamasaki)が投稿した写真 –

 

あらためて、重要文化財です。八日市場駅から行く場合はバスで12分ほどの「飯高仲台」バス停で降りて歩いて5分ほどとのこと(まだ行った訳ではありませんが、たまたま立ち寄った方は多いようです)。講堂などは重要文化財ですが、境内の巨木群と併せて全体として、飯高檀林跡は千葉県指定史跡となっています。

 

追記:6月11日には常子と星野武蔵(たけぞう)の別れの場として登場しました。星野武蔵はこのまま去ってしまうのか気になります。とと姉ちゃんに星野の再登場はあるか?も、期待されているようです。

 

sponsored link


 - ドラマ , ,