ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

水島製作所 賃金カット?

      2016/05/12

sponsored link


三菱自動車 水島製作所については、先日の三菱自動車のデータ不正事件の発覚以来、生産停止の影響で従業員の自宅待機など、非常の事態となっていました。

素人には、まったく分からない事項でしたが三菱自動車水島製作所において、偽装があった軽乗用車の4車種のすべてを生産してきたのですね。これは、地元の倉敷市においても重大な事態でしょう。

生産の停止にともなって、従業員のうちの1300人の方が5月末まで自宅待機となっていました。自宅待機というと、当然ながらそのさいの給料はどうなるかーー 切実な問題です。

これまでの情報では、賃金の6割が支払われる契約とのことでした。6割というと、ざっくりいって月の収入が突然半分くらいになったら、主婦感覚からいうとしたら、やり繰りはかなり困難です。給料の6割で暮らしていてあとは余裕・・などという状態は、ふつうの家庭では考えられませんネ。

さらに今日、5月2日に追加された情報では、三菱自動車では、生産工場の従業員の賃金をカットする交渉をしているとのことです。

あれれ? 理解できなくて当事者の方々には申し訳ないのですが、自宅待機だから6割というのが交渉なのか、それとも6割の支給でなく、さらにもっと賃金カットで減らす交渉をするということなのか?

 

th_040

どうなっているのでしょう。いずれ、真面目に働いてきた従業員の方には、降って湧いたような「不正」事件であって、責任がないはずです。従業員全員の3600人についてでなく、およそ1300人というのがどういう区分か分かりませんが、全員でないからこそ、またそこは難しい問題でしょう。

 

自分がその立場なら、およそ三分の一にあたるその「交渉対象」に選ばれることも不本意です。会社として資金繰りの対応が急務であることは素人が考えても分かるのですが、従業員の立場を想定すると、とても納得のいく事態ではないでしょう。

 

三菱」という大きな組織にとっても正念場でしょうか。いずれ仕事をしている皆さんの生活をぜひとも守ってほしいです。

 

sponsored link


 - ニュース速報 ,