ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

荒木千陽さん、小池都知事と同居元秘書が中野区で出馬(都民ー)

   

sponsored link


荒木千陽さん35歳(小池氏の元公設秘書)は現在、小池都知事と同居中。4月25日に都民ファーストから公認され、中野区(川井重勇しげお氏の地元)から都議選に出馬することが発表されました。

「くまもと経済」の2016年1月の記事などによると、荒木氏の略歴はおよそ次の内容になります。

 

荒木千陽(あらきちはる)

生まれ:1982(昭和57)年3月1日生まれ
年齢:35歳
2011年:小池元防衛相の私設秘書
2012年:小池氏の公設第二秘書
2016年1月:小池百合子衆院議員の公設第一秘書
出身大学:久留米大学法科大学院法務研究科
荒木章博熊本県議の次女

 

写真のためにお借りしますが、コメント自体↓は批判的でした。コメントはご存知のように多様なものがあります。

 

 

中野区は昨年、何かと注目された自民党都議の川井重勇氏の地元になります。(川井しげお(川井重勇)氏、学歴とかヤジとか

 

都民ファーストは4月25日現在、公認候補者は計36人とされています。ただし都民ファーストの会(希望の塾)から公式の、公認者名簿は発表されていないもよう。

もよう・・というのはヘンですが、都民ファーストの会の代表的なメンバーと言えそうな「おときた駿」氏のサイトで、次のように記されていました。

 

現在、都民ファーストの会オフィシャルWebは鋭意製作中でございまして、

「公認予定候補者の一覧は、どこで見られるの?」

というお問合わせが増えてきました。21日の発表で10次公認・30名というキリの良い数字となりましたので、取り急ぎ私のブログでここまで発表された公認候補予定者の一覧を掲載しておきます。

(http://otokitashun.com/blog/senkyo/14881/)

 

ということで、製作中だそうです。

21日時点での30名というリストは上記のサイトに掲載されています。すでに25日に6名が追加公認され、36名となり、その6名について、荒木氏以外の5人は以下になります。

 

●栗下善行(くりしたぜんこう)
選挙区 :大田区(定数8)
生年月日:昭和58年(1983)年3月9日(34歳)
出身大学等:テネシー州立大学 卒業

●龍円愛梨(りゅうえんあいり)
選挙区 :渋谷区(定数2)
生年月日:昭和52(1977)年3月31日(40歳)
出身大学等:法政大学法学部政治学科 卒業

●鈴木邦和(すずきくにかず)
選挙区 :武蔵野市(定数1)
生年月日:平成元(1989)年2月17日(28歳)
出身大学等:東京大学工学部精密工学科 卒業

●藤井あきら(ふじいあきら)
選挙区 :府中市(定数2)
生年月日:昭和57(1982)年5月18日(34歳)
出身大学等:京都大学経済学部経済学科 卒業
北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 修了

●桐山ひとみ(きりやまひとみ)
選挙区 :西東京市(定数2)
生年月日:昭和45(1970)年10月3日(46歳)
出身大学等:東京女子体育大学体育学部体育学科 

 

上記にありますように、都民ファーストの会は公式に公認リストなどはまだ作っていないようです。

しかし関心は高いけれど、都議選2017の日程は、7月2日(日)投開票となっていますから、まだまだ・・色々ありそうです。

 

ところで都民ファーストの会は25日に女性の公認候補者だけを集めた「女性活躍推進本部」を立ち上げ、初会合を開いたそうです。女性候補者はいま14名とのこと。おそらくもっと増えることでしょう。

 

 

蛇足ですが、このページは都民ファーストの会について支持でも批判でもない立場です。

 

 

以下は内容は投稿時点になります。

都議選の日程は7月2日に決定、過半数64の行方は?

都議選2017の日程はいつ?予想で自民党半減もあり

都議選候補者(2017年)名一覧

都民ファーストの会公認候補者15人の現在、リスト

 

中村彩さんとは?慶応出身の証券取引所社員、都議選千代田区から

 

 

sponsored link


 - 東京都政 , ,