ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

僧侶の振り、数珠等売った中国人、陳先楼容疑者の逮捕容疑は?

   

sponsored link


僧侶の振りをして架空の寺への寄附を募って、「ハロー」と声をかけ数珠や御札などを売った中国国籍の陳先楼容疑者54歳が逮捕されました。

逮捕容疑は入管難民法違反(資格外活動)とされます。

観光目的の短期滞在のはずが、無許可で販売行為をしたことが逮捕容疑。

逮捕容疑は短期滞在の在留資格で入国した今年2~3月、東京都千代田区外神田4丁目の路上で、英国人などの観光客10人に無許可でお札9枚と数珠11個を計2万円で販売した疑い。

 

(サンケイスポーツ 4月11日)

 

観光に来て物を販売していたら犯罪行為でしょう。

「僧侶を装って金を繰り返し得ていた(日テレニュース)」ということで、衝撃的なニュースです。

万が一、(そんな人はいないでしょうけれど)日本人がそういう詐欺的な販売行為をしたら、逮捕容疑は何になるのか? と、横道にそれて考えてしまいました。

 

警視庁によりますと、陳容疑者僧侶の格好をして、東京・秋葉原や上野公園などで欧米からの観光客に「ハロー」と声を掛け、架空の寺への寄付名目でお札や数珠を売っていたということです。

 

(テレビ朝日ニュース)

 

秋葉原などで、無許可で物品を販売していたらそれも違法でしょう。しかし、逆に日本人ならば、事情が分かるだけに「架空のお寺」の名前など、出したくても出せない気がします。

 

気になるのは、今年の2月〜3月のことが逮捕容疑ながら、報道によると昨年の4月ころから観光客に声をかけてきたとされること。

昨年からずっと日本に滞在可能なのでしょうか? それとも出入国を繰り返してきたのか?警視庁組織犯罪対策1課では、組織的な犯行の可能性を捜査しているとのこと。

陳先楼容疑者は自称農業だそうで、年齢が54歳ということしか分かっていません。

国籍をとやかくいうことは良くないかもしれません。しかしわざわざ組織的に、日本に来て、そんな犯罪が行われているとしたらーーーー 観光客が抱く日本のイメージが汚されそうで、不快です。

組織的な犯行の可能性があるなら、徹底的に調べていただきたいです。

 

sponsored link


 - 事件 , , ,