ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

やはぎみやこ幼稚園(岡崎市)、粘着テープで縛ったのはなぜ?

   

sponsored link


愛知県岡崎市の「やはぎみやこ幼稚園」で職員が園児の手足を粘着テープで縛っていた事件・・・

何があったのでしょうか?

やはぎみやこ幼稚園は、愛知県岡崎市富永町字平田10-1にあり園長は大久保幾三氏。学校法人青山学園が5つの幼稚園を経営している中の一つ。「つよく・あかるく・ただしい子」という法人の理念で経営されている、言葉は悪いですが「ふつうの」幼稚園に見えます。

 

理事長の青山秋男氏のコメントによると、最初の開園から34年で、現在は5園合わせて1200人以上の園児さんがいるようです。(http://www.aoyamagakuen.com/rijicho.html)

 

最初に名称を見て「やはぎみやこ」幼稚園とは人物名のような印象でしたが、「みやこ」幼稚園も「はずみやこ」幼稚園もあるので、何らかの、人物でない由来があるのでしょう。

 

園の理事長によると、今年2月9日、女性職員が粘着テープで男の子の手足を縛り、口にも粘着テープを貼ったという。

また、その翌日にも別の女性職員が男の子の手を粘着テープで縛ったことがわかり、園は、「職員による虐待行為があった」として保護者に謝罪したという。

縛られた男の子が、ほかの園児をたたいたり蹴ったりしたためとしているが、男の子はその後、退園しているという。

(日テレニュース 4月4日)

 

「なぜ」というのは上記のように、特定のお子さんが他の子を乱暴したからのようです。

当事者が「女性」職員であるのは、幼稚園なので当然かも。

現場の事情は、第三者には分かりませんが、他の子供から守るためという緊急の理由もあったのでしょう。

 

粘着テープで縛るという表現は、虐待という言葉を連想させますが・・

 

 

個人的な感想ながら、あまり虐待といって過剰な非難を向けるのもまた正道でないような気もします。もちろん、縛らずに解決のほうがいいに決まっていますが・・・

翌日も・・というのは少し気になります。連日というのは、それが職員さんにとっての「ふつう」になりかねないから。

 

関係者の方々の今後のご活躍を期待します。

 

 

sponsored link


 - ニュース速報 , ,