ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

杉山繁俊監督(東海大福岡野球部)とは?

   

sponsored link


杉山繁俊監督は、東海大福岡(旧東海大5高)野球部の監督で現在、60歳。

センバツ春の甲子園2017の2回戦で、東海大福岡は3月27日、清宮選手らの早稲田実業に11対8で勝つ好試合でした。3月29日の第四試合では大阪桐蔭と対戦します。

 

杉山繁俊監督

生まれ:1957年2月9日 60歳
出身地:神奈川県
出身高校:東海大相模高校
出身大学:東海大学
社会人野球:日産自動車
1989年〜 福岡工大付属高校(現:福岡工大城東)監督
2013年〜 東海大五(現:東海大福岡)監督

(2015年夏の福岡大会で東海大福岡は準優勝。2016年秋の福岡県大会で準優勝。九州大会でも準優勝)

1958年生まれの原辰徳氏がやはり東海大相模にいましたから、杉山監督とは同期にともに現役だった関係。

 

sponsored link


 

東海大福岡は、秋の九州大会で優秀な成績を収めました。各試合でねばい強い戦いを見せ、逆転、サヨナラ、接戦という見せ場を作ったとされます。決勝では、やはり2017の選抜大会に出場している福岡大大濠に4対3という接戦でサヨナラ負けしました。

しかし、累計された実績から2017年のセンバツは当確視されてきました。

さて杉山繁俊監督ですが、

 


粘り強く勝ち進んできた監督の采配が、ますます注目されます。

 

福岡工大付属の時代には、甲子園に5度も出場しています。それにしても、福岡には強豪高校が多いのですね。東海大福岡は、福岡市と北九州市の間にある宗像市にあります。

 

地方大会で粘り強く逆転等々してきた東海大福岡は、甲子園で堂々と闘っています。ますます充実した試合を見せてくれることでしょう。3月29日には、言わずと知れた強豪、大阪桐蔭との試合が楽しみです。

 

 

 

sponsored link


 - 高校野球 ,