ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

吉田雄人市長とは?百条委員会で告発、公選法違反?横須賀

   

sponsored link


神奈川県横須賀市の吉田雄人(よしだゆうと)市長とは?

2016年10月に横須賀市議会は吉田雄人市長を虚偽証言で告発。今回は、名刺の裏面に「提示すれば料金割引サービスが受けられる」ことを記載し、公選法違反の疑いがあるとされています。

横須賀市の2017年6月25日の市長選に、吉田市長は3期目に目指して立候補する意向があります。

 

 

なにかと話題になってきたようすの吉田横須賀市長ですが、個人的にはまったく知らなかったので、これまでの経緯を確認してみました。

3月19日に報道されているのは、吉田市長の名刺を提示すれば料金割引サービスを受けられる、というその名刺が使われていたことです。

 

名刺は2種類で、米海軍の艦船などを船上から眺める「YOKOSUKA軍港めぐり」(料金1400円)と、市内の無人島「猿島」への渡船料(1300円)が1割引きとなる。

(中略)

吉田市長は取材に、観光PRのため業者に協力を求め、平成22年末から配布を始めたと証言。

これまでに2種類合計で約2600枚を市内外で使用した。

(産経ニュース 3月19日)

しかし、市長は使用を中止する可能性を示唆しているとのこと。

 

この件自体がどれくらい大きな意味があるか分かりません。しかし吉田雄人市長は、2009年に当時の現職の蒲谷亮一市長を破って初当選した注目される人物ーー

当時の現職市長を小泉純一郎元首相も支援していたから、反響が大きいわけですね。

 

吉田雄人

生まれ:1975年12月3日(41歳)
出身:東京都北区
出身大学:早稲田大学政治経済学部政治学科
出身高校:神奈川県立横須賀高校
前職 横須賀市議会議員
現職 横須賀市長

ということで、華やかな経歴です。

 

ところで、吉田雄人氏といえば「百条委員会」と出てくるのは、告発した市議会が、2015年と2016年の百条委員会で、吉田氏が虚偽の証言をしたとしているから・・・

 

神奈川県横須賀市議会は15日、市の記念事業などを巡り、吉田雄人市長の市政運営の在り方をただすために設置した特別調査委員会(百条委員会)で虚偽証言をしたとして、地方自治法違反の疑いで吉田市長に対する告発状を横浜地検横須賀支部に提出した。

 

告発状によると、市長は2015年11月と今年8月の百条委で、市の記念事業の一環で帆船日本丸を招致した経緯などについて虚偽の陳述をしたとしている。

 

(産経ニュース 2016年11月15日)

 

吉田市長はこれに対して、虚偽にならないと話していたようす。

ただし、この件がその後どうなったか、確認できませんでした。

 

 

結論が出ていないのか、それとも地元の方にはとうに明らかになったことなのか、どうなっているでしょう?

なかには、辞職せよと激しく迫っている新聞記事もありました。その件については詳細が不明ですが、暴力団がらみと記事には書かれてあり、

本当なら重大だし、本当でないならまたそれを書くこともまた重大だし・・・正直なところ、真相がよく分かりませんでした。(http://kokusaipress.jp/13061)

 

 

もう今年の6月に横須賀市長選挙なので、いずれ、また注目されそうです。なにせ今となっては、小泉進次郎議員の地元でもあります。

 

2013年に二期目の立候補のときは、圧倒的な人気の「自民党青年局長・小泉進次郎氏」のお膝元なのに(?!)自民党敗北という結果がショッキングなニュースだったとも言えそう。

 

今回の公選法違反?(寄付行為の禁止)そのものというより、吉田雄人市長を巡っては、いろんな立場からの報道が、敢えて出てくるのかもしれません。

 

支持・不支持の意図はまったくありません。しかし、百条委員会で、もし虚偽の証言があったとしたら重大なことと思われるので、やはり気になります。

 

 

 

sponsored link


 - 教育・政治 , ,