ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

前川燿男(あきお)練馬区長とは?東京ガスへ天下りなのか?

   

sponsored link


前川燿男(あきお)練馬区長が3月3日、石原元都知事の会見後、反論して午後6時ころから会見しました。

石原元都知事が、瑕疵(かし)担保の問題を、専門的で担当した当事者に任せるしかないと発言したことへの反論です。前川あきお練馬区長は、当時の知事本部長として豊洲問題に関わったと名指しされた形でした。

 

前川氏は「瑕疵担保責任の放棄を決め、また大きな全体の費用負担のフレームを決めたわけですから、これは根本的な石原さんの思い違い、わたしが辞めて6年後です。

ここで石原さんが押印をして自分の意思で決定している」と話した。
前川氏は「石原氏が自分の意思で押印した。なぜ瑕疵担保特約を免除したのか」と疑問を呈している。

 

(フジテレビ 3月3日)

 

つまり瑕疵担保責任の放棄も、押印も、石原氏がやったこと・・・という前川氏の主張。本日の石原氏の3時間ほど前の会見と、真っ向から対立しています。

まず前川あきお氏(前川燿男)氏のプロフィールですが・・

昭和20年 11月12日生
昭和39年 鹿児島県立甲南高校卒業
昭和45年 東京大学法学部卒業
昭和46年 東京都入都
平成12年 東京都福祉局長
平成14年 東京都知事本局長
平成17年 東京都退職 ★(2005年)
平成17年 東京ガス株式会社執行役員 ★
平成21年 政策研究大学院大学客員教授
平成26年 練馬区長(1期目)

 

前川区長について、ネット上では「小池派」「東京ガスへ天下り」という表現が目立ちます。

事実としては、2005年(平成17年)に東京都を退職(★部分)し、9月に東京ガスの執行役員となっています。それが「天下り」か否かは表現の問題でしょうか。?

余談ですが、近ごろ文部科学省からの天下り問題が指摘されています。個人的には、何を今さら天下りと騒ぐのかというくらい(是非はともかく)、天下りはふつうに行われているのでは? という認識でした。個人の感想ですが。

sponsored link


 

前川氏が東京都から東京ガスに移ったのは天下りなのでしょうか?

 

「前川さんは知事本部長・本局長として、都と東京ガスの間の2つの文書にサインしています

 

豊洲の土地を市場にすることの合意書(02年7月)、豊洲における汚染土壌の処理方法についての確認書(05年2月)に署名した後、05年9月、東京ガスへ天下っている。

要するに、東京ガスに莫大な利益をもたらし、その功績で天下ったのではないかと疑惑が持ち上がっているのです」(都政担当記者)

 

(週刊新潮 3月2日号)

 

これに対して、前川氏は真っ向から反論しています。

「石原さんも浜渦さんも東京都を利権としてしか見ていませんでした。

知事本部長・本局長の3年間は彼らとの戦いの連続でした。

次の副知事候補だった私も、浜渦さんから標的にされたわけです」

(同上)

 

前川氏が立ち上げた都社会福祉総合学院について、浜渦氏たちがスキャンダルにしようとしたーーとのこと。

スキャンダルに、という策略は失敗し、浜渦氏は2005年7月に辞職しますが、その時の前川氏の主張は・・

 

「私も刺し違える格好で都庁を退職しました。

そんな経緯ですから、再就職の希望を聞かれた際、石原さんや浜渦さんから逃れたくて、『都の出資を受けている第三セクターにだけは行きたくない』と答えました。

その点、東京ガスは都と資本関係が全くない。それで再就職しました」

(同上)

 

つまり東京ガスは都と資本関係がないクリーンな関係だから就職した、天下りなどではないと前川氏は言いたいようです。

 

一方で週刊朝日の記事でも次のように報道されました。

──東ガスへの天下りについてうかがいたい。

「関係ない。天下りじゃない、そもそもそんなもの

──今の豊洲市場への移転問題をどう考えますか。

「……」

──都の退職者の「取扱基準」をどうお考えですか。

「私に権限は何もありませんでした」

そう言って車に乗って去っていった。

 

(週刊朝日 2月3日号)

 

前川氏と豊洲新市場移転問題については、目立たないながら2016年にも報道されてきた経緯があります。

前川氏が東京ガスの役員だった期間は、2005年からの7年間で、2012年に退社しています。

本日の会見で前川氏が「わたしが辞めて6年後」と言った2011年に、たしかに東京都が東京ガスから豊洲の土地を購入しました。

 

・・・

以上のように、主張が真っ向から違うという事実だけが明らかです。

一方で豊洲移転に係るだけでも複雑な人間関係を指摘する見方もあります。

老朽化した築地市場の移転は、石原氏の前任の青島幸男知事の時代に持ち上がったが、その構想を推進したのは、東京都港湾局長時代の石川雅已・現千代田区長で、臨海副都心開発部長として石川氏を支えたのは、前川あきお・現練馬区長だった。

(現代ビジネス 2月16日)

 

しかし人間関係も、言葉は悪いですが利害関係も、じつに複雑に絡み合い、変化してきたようです。

 

豊洲移転が進行する最中、社外秘書的存在の栗原俊記・鹿島現専務執行役員などを含めた石原軍団を率いる浜渦氏と、内田氏石川・前川コンビに山田氏を加えた都政に影響力を行使しうるトリオは、対立を深めていった。

 

その先にあるのが、05年3月の都議会での浜渦副知事の「やらせ質問」であり、その対応を巡って百条委員会が設置され、同年7月、浜渦氏は都庁を去った。

 

(同上)

 

石川氏がもとは内田氏の側だったのは、石川雅己(いしかわまさみ)千代田区長(内田茂氏と犬猿の仲)が出馬 にもある通りです。

浜渦氏がドンの内田茂氏らから追われた形とはいえ、その後、内田氏と石川氏は敵対的な関係に・・・

 

本日3月3日の石原氏の会見で、浜渦氏に会ったかと聞かれて石原氏は会っていないと答えていました。ざっくばらんに言って、石原氏と浜渦氏はお互いにいま、相手のことをどう思っているのでしょう?

 

今後開かれる百条委員会の証人喚問に、今のところ前川氏は入っていませんが、今後、委員会でどんな証言が行われるか、それに対して前川あきお氏がどんな対応をするか、目を離せません。

 

福永正通さん(元副知事)とは?プロフィール等

大矢實さん(元市場長)とは?豊洲移転を決めた責任者は誰?

浜渦武生(はまうずたけお)元副知事とは?(2016年9月)

 

 

 

sponsored link


 - 東京都政 , ,