ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

清水富美加の『全部、言っちゃうね。』千眼美子として発売中

   

sponsored link


清水富美加さんが電撃的な出家の直後、著書の『全部、言っちゃうね。』を著者「千眼美子」として発売することが分かりました。
『全部、言っちゃうね。』 幸福の科学出版、1296円

 


「この本も、またすぐ差し止められちゃうかもしれないんですけど 私の持ってる真実、消されたくないので 改めて千眼美子として生きてゆく宣言」とのこと・・・

 

差止められる・・の意味がよく分からないのですが。

「死にたかった7年、死ななかった7年。」というのは、なかなかショッキングなタイトル。

 

 

教団によると、告白本は騒動が報じられる前日の11日から16日までの6日間にわたり、清水が発刊元・幸福の科学出版の編集者からのインタビューに応える形で制作。

出家した経緯や心境、現在体調不良で療養するまでを語ったという。

 

(サンケイスポーツ 2月17日)

 

こういう形で本があっという間に作られるのは、分かります。

17日が発売日なので、この書籍はもちろん読んでいませんが、とりあえずの情報でした。出家云々であり、芸能界からの突然の引退ということで、まだまだ余波は続くでしょうか。

 

 

ちなみに映画の『泥棒役者』(西田征史監督)では代役として石橋杏奈さんが決定しました。

色々言われていますが、清水富美加さんは体調不良中なので周囲はあまり騒がないで・・・という気もします。

 

 

sponsored link


 - 俳優・音楽, マスコミ , ,