ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

カルテット4話ロケ地、家森が息子を誘拐?した公園

   

sponsored link


カルテット4話で家森諭高(高橋一生)が息子のコウタ(大江優成)に近づき、そこに元の妻、茶馬子(高橋メアリージュン)が現れ、家森は息子を抱いて逃げ出し、軽井沢へ・・

その公園は、神奈川県横須賀市汐入町1丁目1−1にあるヴェルニー公園でした。

ドラマ中の伝票によると、家森の妻の住所はウソとして、押印の日付が28.2.13で、横須賀名取台店のように見えますが、横須賀だけはたしか・・。

もちろんドラマなんですが、ロケも横須賀でした。

 

 

 

ちなみに茶馬子から送ってきた宅配伝票は「関東急便」。書いてある銃所は「港区西新町15−21−5」、宛先の家森の住所は「東京都調布市西布田7−13−7−204」

 

いずれも実在しません。みかんつめつめゼリー同様に(・∀・)b

すずめちゃんを恋人役として連れ出して、息子(大橋光大=こうた)を発見した公園。ベンチに座ってリコーダーを弾いていた公園がヴェルニー公園

「パパ。パパちょっと持ってて。うち、あっちだよ」と嬉しそうに、しかし驚くのでなくただ嬉しそうに話す「こうた」は天使のようでした。公園の水を飲む息子を見守る一生が、ステキ。

sponsored link


 

何してんねん! と叫ぶ元奥さんが怖かったけれど、茶馬子さん、別荘にやってきてから話すことは意外と正論でした。

アジフライにソースか、しょうゆか・・

「ソースでもお醤油でも、食べれるようになったほうがモテるよ」

カルテット、いろいろ面白いですね。

「お茶です」と声が裏返っている別府がおかしい。

 

ちなみに、家森が小学校の門で息子を探そうとして、待ち伏せしていた小学校は、三浦市の三崎小学校がロケ地でした。


ちょっと怖い茶馬子さんですが、こーたに「おはよう」と言った笑顔はサスガでした。

「あんたはそのままでええと思うよ」と家森に言った表情も。

言葉がキラキラ残るカルテット・・

今回のこうた君、大江優成くんについては、あまり知らなかったのですが、表情がピュアで、これから活躍しそうです。「レディ・ダ・ヴィンチの診断」第5話でが入院中の男の子役で出ていたそうです。

 

いやいや、ほんと、惹きつけポイントが半端ないい。

 

 

怖いぞ、面白いぞ。

 

 

カルテットロケ地関連・・・

カルテットありす(吉岡里帆)がすずめにお金貸してのスーパー

カルテット3話でブランジェ浅野屋軽井沢、すずめが鏡子と会う

カルテットのツルヤTSURUYA軽井沢店は今後も登場?

カルテットのレストランは煙事軽井沢燻製工房(ノクターン)

カルテットで4人が立つ塩尻湖(軽井沢タリアセン)

カルテット、高橋一生の美容院ロケはボレロビオ(国立)

 

 

sponsored link


 - ドラマ