ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

内田茂さんの引退は確実ですか?

   

sponsored link


都議会自民党の内田茂氏77歳が次の都議選に出馬しない意向・・・と本日2月7日、一斉に報道されています。

意向を固めたと、関係者に取材して分かったという表現なので、内田茂氏の引退は、断定はできないけれどほぼ決定的なようす。もっとも、ご本人が引退等の会見をしたわけではありません。

 

内田氏は1989年に都議に当選して以来、落選しても自民都連幹事長を務めてきた重鎮でした。今さらですが・・

 

以降は自民党の都議選立候補者の決定に関与するばかりでなく、都庁幹部が重要な条例などを事前に報告するなど都政の実権を握っていたとされる。

 

05年の都議会で、当時の石原慎太郎知事の側近の浜渦武生副知事が「やらせ質問」を行ったとして議会を空転させ、辞職に追い込んだ。

09年の都議選で落選したが、自民都連幹事長は留任。

(スポーツ報知 2月7日)

浜渦武生(はまうずたけお)元副知事とは? (2016年9月)

 

この流れは、もちろん代理戦争とされた「千代田区長選」の影響。内田氏は小池劇場の影の主役にされた・・等の表現も見られます。

 

小池都知事はいま、「単独過半数の獲得」も視野に入れて候補者の規模をアップしています。70人規模になるとか・・・

それは凄いことです。一方で二階氏がコメントしたとされるように「いつまでも続くわけでない」のもまた選挙の勢い。いや、まだ続くでしょうか。

 

 

 

 

内田氏周辺は「出れば次の任期中に80歳になり、本人は立候補を考えていない」と話している。

都議選で千代田区は定数1。2009年の都議選で落選経験もある内田氏にとって、区長選の流れでは当選は難しい。

(同上)

 

 

 

内田茂氏が出馬しないとなると、後継者のはずの内田直之氏はどうするか、注目されます。千代田区は定数1なので自民党都連にとっても、思案のしどころでしょうか。

 

内田直之さん(千代田区議)とは?ドン内田茂氏の娘婿

 

 

 

sponsored link


 - 東京都政 ,