ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

車窃盗2億の大里芳広、2007年にも7億円の盗み!

   

sponsored link


自動車の窃盗で茨城県古河市の大里芳広容疑者46歳と、鈴木孝之43歳、石塚悦久30歳の3人が2月1日に逮捕されました。

逮捕容疑は2016年6月の中古車の窃盗ですが、被害は総額2億以上とのこと。

ここで驚くのは、以前に大里芳広容疑者を含む14人が、2007年に車上狙いや車や重機の盗難で逮捕され、総額7億5600万の被害になっていたことです。

 

 

10年前に逮捕された容疑者たちが、いまふつうに暮らしていたのは、驚くことではないのでしょうか?

まずはそこに唖然としてしまいました。14人のうちに上記の鈴木、石塚容疑者が入っていたかは未確認です。

 

今回の逮捕については・・

2015年7月ごろから、栃木、茨城、千葉県など東日本の1都10県で大型トラックやダンプカーなど91台(被害総額約2億3760万円)を盗んだとみられ、裏付け捜査を進めている。

 

(毎日新聞 2月1日)

 

そして2007年の事件では、毎日新聞茨城版によると、当時36歳だった大里芳広被告は、『盗みはカブトムシを捕るのと同じ 「裁判は自分の犯罪評価の場」とうそぶく』とされていて、逮捕されても、改めるようすが当時から皆無でした。

そんな人がいるのですか。大型トラックやダンプカーを盗むことに「それを移動するの?」と驚いてしまったのは序の口でした。

 

sponsored link


↓13日というのは2007年3月13日のことです。

県警捜査3課と境、古河、筑西署は13日、八千代町平塚、無職、大里芳広被告(36)=窃盗罪などで公判中=ら計14人が、1道4県下で繰り返していた車上狙いや重機窃盗など、3224件(7億5600万円相当)を裏付けたと発表した。

主犯格の大里被告は「(窃盗は)カブトムシを捕るのと同じ」などと供述しているという。

 

(http://www.asyura2.com/07/nihon22/msg/596.html より)

 

カブトムシのように車を捕られてはたまったものではありませんが、しかも犯罪を繰り返したのは『暴走族の先輩後輩』という関係・・・

 

ちょっと怖いです。

捕まったメンバーは、暴走族の先輩後輩、覚せい剤仲間。

県警は昨年1月、自宅の隠し穴にいた大里被告を強盗傷害の疑いで逮捕、捜査を進めていた。

大里被告は「盗めないと聞くと、がぜん盗む気が起きる。裁判は自分の犯罪を評価してもらう場」などと豪語し、約4500件の犯行を自供したという。

 

(同上)

 

いやいや、凄いのですがともかくその10年後に同じような犯罪を繰り返すことができることに驚きます。

 

7億円の盗みは、返せたのでしょうか? 何年の懲役で釈放されるのでしょうか? とっても初歩的な疑問「???」に頭がいっぱいです。

 

 

 

sponsored link


 - 事件 , ,