ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

東大病院の薬剤の取り違えについて、遺族の母コメント

   

sponsored link


東大病院薬剤の取り違え注入の事件について、1月31日、東大病院はホームページで「経管注入薬剤の取り違えによる誤注入事故の公表について」を発表しました。

一方で、遺族の母親の方が同日、コメントを発表しています。

東大病院のサイトは一次表示されにくくなっていましたが、発表の要点としては次の内容です。

 

当院に入院中の患者様の胃管(※1)に、誤って別の患者様の内服薬を注入する事故が発生しました。

患者様は重篤な病状にあり治療中でした。薬剤の取り違え注入事故(以下、今回の事故といいます。)があり、その翌日にお亡くなりになりました。

(http://www.h.u-tokyo.ac.jp/oshirase/archives/20170131.html より)

 

そしてお子さんが亡くなったことと、取り違えの因果関係については、結局のところ確かなことは言えないようです。

 

今回の薬剤の誤注入が、患者A様がお亡くなりになったことに関して、何らかの影響を与えた可能性があると考えられました。

一方で、血圧低下は誤注入前からしばしば認められていたという経過もあるため、患者A様がお亡くなりになったことにどの程度の影響を及ぼしたかという点についての医学的な判断は困難でした。

 

(同上)

 

なお、お子さんがどんな病気だったのか等々時期や年齢等の詳しいことは不明です。

薬の中には、抗てんかん薬2種類や抗けいれん薬も含まれていたと報道されていますが、これらはこの患者さんに使われる薬ではありませんでした

しかしいずれ、遺族の方の個人情報にはこれ以上立ち入らないほうが賢明でしょう。

 

付記
ご家族のご意向で、疾患名や発生月日、診療科等を含めここに記載した以上の詳細は公表致しません。

 

(同上)

どんなお子さんが、どんな病気で・・・ではなく、今後間違いが起きないことがすべてでしょう。

 

遺族の母親の方が発表されたコメントには、事故の経緯について述べた後に、以下の部分がありました。

 

もちろん、医療従事者個人への感謝の心が薄れることはありませんし、投与ミスを犯した医療従事者を責めるつもりもありません。

ただ、実効的な再発防止策がとられ、今後同様の事故が繰り返されないことを願います。

(産経新聞 1月31日)

 

お子さんを亡くされたうえに、つらい経緯があったことでしょう。

再発防止・・・言葉でなく、ほんとうに実行されることを陰ながら願ってやみません。

 

 

sponsored link


 - 生活 , ,