ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

吉元将也被告は「合意」と無罪主張、千葉大学医学部性的暴行で

   

sponsored link


千葉大学医学部の学生が集団強姦等で昨年逮捕・起訴された事件。学生3人の初公判が1月31日に開かれ、吉元将也23歳は、無罪を主張しました。まず3人というのは・・以下になります。

◎飲み会で被害女性に乱暴した集団強姦罪は

吉元将也23歳 千葉大医学部5年 ⇒無罪主張
山田兼輔23歳 千葉大医学部5年 ⇒一部否認

◎自宅で同じ女性に乱暴した準強姦罪は

増田峰登23歳 千葉大医学部5年 ⇒全面的に認める

 

吉元将也被告について、分かる範囲のプロフィールは以下のとおりです。

年齢:23歳
出身:鹿児島県
出身高校:長野県立長野高校
事件当時:千葉大学医学部5年

ところで今回の公判で無罪主張というのは、

 

■逮捕後の取り調べで、“酔った勢いでやってしまった”という趣旨の供述をしていた2人だが、31日の裁判で、起訴内容に間違いないか問われると、吉元被告は―

■「いくつか弁明させていただきたいと思います。(女性が)飲酒した事実は認めますが、酩酊ではない。共謀して姦淫したという部分も否認させていただきたい

■裁判長の「同意の上でのこと、ということ?」という質問には「はい」と答え、さらに女性とは「合意の上だった」と無罪を主張した。

(1月31日 日テレニュース)

 

山田兼輔被告は一部否認、増田峰登被告は全面的に認めるということで、別れています。

「合意の上」という主張に、個人でとやかくいう気もありませんが、この種の事件で、ままある展開とはいえ合意というものを持ち出す。。?というような気分はあります。

 

仮に合意があるなら、他の二人もその主張ではないかと。

被害女性が、いまさらそのような主張を聞いて傷つくのも当然でしょう。

無罪を主張したから、他の二人の山田兼輔被告や増田峰登被告より悪とかいう単純な話ではありませんが・・

 

検察側は冒頭陳述で、山田被告が女性にワインの一気飲みを持ちかけ、自力で歩けない状態になった女性を吉元被告と2人でトイレに連れ込んだと指摘。

 

その後、3人はタクシーで増田被告の自宅に女性を連れて行ったと主張した。

 

(朝日新聞デジタル 1月31日)

二人で連れ込んだのに、一人が合意を主張・・というのは、やはり無理があるように見えてなりません。

いずれにしてもまだ初公判です。

 

 

 

 

逮捕当時の記事は 藤坂悠司を逮捕(千葉大学医学部事件)3人は吉元将也、山田兼輔、増田峰登

千葉大医学部3人の集団強姦罪と準強姦罪(起訴の今後は?)

千葉大医学部集団強姦、トイレでなぜ隠せる?5時間も?

 

 

sponsored link


 - わいせつ罪など , , ,