ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

京都、癒し空間青い鳥の土居一41歳準強制わいせつで逮捕

   

sponsored link


京都市にある「癒し空間青い鳥」の経営者の土居一41歳が1月25日、準強制わいせつで逮捕されました。

逮捕容疑は、昨年の10月のことで、出張マッサージで訪れた京都市右京区の32歳の女性に対して、仕事場で施術といって胸を触るなど、わいせつな行為をしたこと。

 

「癒し空間青い鳥」はアロママッサージ店とされ、住所は京都市下京区坊門町830-6メゾンフォンティーヌ301 になります。

 

青い鳥の公式サイトによると、男性セラピストの特徴ということで「海外では普通に男性セラピストが主流であり増え続けています」と、「男性セラピストでしか味わえない魅力」について力説されています。

 


またプロフィールでは、土居依生(どいいち)となっており、土居一のほうが本名でしょうか。

プロフィールは10月22日生まれ(生年は不記載)で、セミナー講師としても活躍とのことです。

 

・・・と、わいせつという言葉に独特のイメージがあって、つい偏見でその癒し空間青い鳥のことを見てしまう気がします。

 

土居一 (土居依生)

年齢:41歳
居住地:京都市下京区高辻通大宮西入ル
職業:マッサージ店「癒し空間 青い鳥」経営

 

公式サイトによると以前は、大阪にてカウンセラーとして「癒しルーム とまりぎ」開業していたそうです。

今回の事件の逮捕容疑は認めているとのこと。

 

ちなみに今回も「準強制わいせつ」なので、土居容疑者は相手の女性を心神喪失や抗拒不能状態にさせて、犯行に及んだと解釈できます。

 

暴行や脅迫でなく、抵抗が不可能な状態にさせたということで、わいせつ罪より軽いわけではない「準わいせつ」。

 

ちなみに店舗情報サイトのページ(ispot)を見ると、癒し空間青い鳥については、宣伝のとおり男性がマッサージしており、女性の姿がわりとあらわに映っている写真が使われていて、少々驚きました(https://www.cosme.net/ispot/s/aroma-aoitori/)

 

それはそれですが、経営者がわいせつで逮捕されては、マッサージ店のイメージとしては致命的かもしれません。

 

 

sponsored link


 - わいせつ罪など , , ,