ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

高校野球賭博(大阪泉大津署)2000円ならOK?飯塚市長は?

   

sponsored link


大阪府の泉大津署で、高校野球の優勝校について賭けた高校野球賭博の疑いで、警察官ら9人が書類送検されていました。

といっても書類送検は2016年2月のことで、容疑は2015年8月以前に遡ります。

 

府警によると、同署では2011~15年、3回にわたり、1人当たり2000円で全国高校野球選手権大会の優勝校を予想する賭博が開かれ

地域課などの署員や非常勤職員の計17人が参加した。

更衣室で着替える際などに金を集めていたという。

 

(サンケイスポーツ 1月26日)

 

関わった16人については本部長注意、主導の40代の男性巡査部長らが書類送検・・・なんですがその巡査部長は、

 

巡査部長は「2000円なら罪に問われないと思った」と話している。

 

(同上)

単純に受け取ると、2000円ならいい? とも思ってしまうのですが、

 

この種のテーマで根拠とされるのはこちら。

賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。

ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

刑法第185条

 

法律上の論議は色々あるようで、このページは私的な言葉ですが、2000円という根拠はもちろんなく、お金を賭けてしまったら1円でもダメという考え方もあるようです。

しかし、今日のお昼を賭けて友人同士がなにかを賭けた、といって罪の問われることはなさそう(常識の範囲で)。

ええと、友人であるか否かは関係ないそうですが。

 

 

高校野球賭博というフレーズにすると、怖いイメージです。しかしこの大阪府警泉大津署の男性警察官らについては、情報公開で明らかになったから報道された、というそれだけでしょう、たぶん。

書類送検⇒ 起訴猶予処分 ということです。

 

ここで蒸し返すようですが、福岡県飯塚市の斉藤守史市長賭けマージャンで市政を混乱させたとして、1月31日付で辞職する意向を明らかにしています。

 

斉藤市長は、田中副市長と平日の日中に市庁舎を離れ、賭けマージャンをしていたことが昨年12月に発覚した。

直後の市議会で陳謝し、その後の記者会見では約10年前に就任した頃から賭けマージャンを始め、賭け金は1日1万円ほどだったと説明。

 

(産経新聞 1月11日)

 

ここで意地悪なツッコミになってしまいますが、飯塚市の斎藤市長は賭博罪にはならないの? という単純な疑問もあります。

 

「賭けなかったらマージャンをする人がどれくらいになるだろうか」

(同上)

という言葉は、かなり心象を悪くしました。

そしてすでに辞任が決まっています。もし1円でもという論理を強引に当てはめると、1万円程度を賭けていた飯塚市の齊藤市長は賭博罪と関係ないのか、シンプルに疑問です。

 

大阪府警泉大津署の高校野球賭博の件と、飯塚市の斉藤守史市長+副市長の賭けマージャンは、そもそも話が違うのですが・・・

 

そして一部の週刊誌の解釈ながら、NHKは二人がマージャン店に入る映像を持ちながら、西日本新聞が報道するまで、知らんぷりをしていたのでは? という話。

 

麻生氏は飯塚市を含む福岡8区の選出で、地元では斉藤氏とは切っても切れない間柄といわれる。

2006年に斉藤氏が市長選に初出馬したとき、当時外相だった麻生氏は事務所開きに駆けつけた。

 

(日刊ゲンダイ 12月28日)

 

これらの経緯で『両者の結びつきを考慮してNHKは賭けマージャン報道をためらったのでは、という見方もある』と上記の記事では言われていますが・・・

 

「見方もある」話は多々あるので、よく分かりません(・∀・)b

 

ちなみに麻雀は、ドラマなどでも登場場面が少なくなっているようです。麻雀のルールも縁遠い人が増えヤクマンとか、その種の単語も、まず使われません。

ドクターXでは、「私失敗しない」未知子はたびたび麻雀をしていましたが・・・

ドクターX大門未知子でエビを釣った店と、黄川田(生瀬)達の呑み屋

 

 

 

sponsored link


 - ニュース速報, 高校野球