ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

平野美宇さん史上最年少優勝(卓球全日本選手権)16歳9ヶ月

      2017/01/24

sponsored link


平野美宇さんが卓球の全日本選手権女子シングルスで1月22日、最終日に優勝。16歳9カ月の優勝は史上最年少です。おめでとうございます。

石川佳純選手を相手にゲームポイントは4-2でした。16歳とはまだ高校1年生。眩しいばかりに若いです。

平野美宇選手の高校、いまは高校生

 

 

そういえば昨年夏のリオ五輪では、いわゆる補欠で、試合には出場しませんでした。

 試合後のインタビューではおえつが止まらない。

昨年のリオデジャネイロ五輪は代表から漏れ、補欠として同行。

リオに行けず、悔しくて絶対に優勝したかった」と涙をぬぐった。

 

(日刊スポーツ 1月22日)

 

日本のエース石川佳純選手もまだ23歳で充分に若いわけで、どちらが優勝したとしても卓球女子選手には希望がいっぱいです。

5月開幕のドイツでの世界選手権代表選出は確実だそう。

 

 

 


カメラサインなんてあるのか・・・

平野美宇さん中国スーパーリーグ活躍、MVP候補も! (←2016年11月)

 

ますます伸びやかに活躍して頂きたいです。

一部のネットでは、平野さんがHey!Say!JUMPの伊野尾慧さんのファンだと公言したことで炎上したとか(2016年10月)・・ 嫌いという語句がが出てくるようになったとか。

 

よく分かりませんが、16歳の少女がだれかのことを、ファンだと言っただけでーーー 何が起こるかわからない世の中のようです。

 

 

まあ、あまり気にしないで女王の座を、しっかり守ってほしいです。

 

ところで妹さん二人も注目されます。

2016年11月の記録ですが、こんな活躍があったのですね。

都道府県代表13歳以下、同14歳以下それぞれの男女ダブルス(準決勝・決勝)とシングルス(4回戦まで)が行われた。

10月のW杯で日本人初優勝に輝いた平野美宇(16・エリートアカデミー)の妹・世和(山梨・田富中2年)と亜子(山梨・田富北小6年)がシングルス2回戦から登場。

亜子は13歳以下の部で4回戦まで進出

(スポーツ報知 11月21日)

 

小学校のころからこういう活躍をしてきたのは、石川選手も同様でしょう。

 

監督として姉妹を指導する母・真理子さん(47)は「負けたのは残念だけど、去年1勝しかできなかったこの大会で2勝できたのは、亜子が強くなったということ」と成長に頬を緩めた。

(同上)

 

さて平野美宇さんは、中国での経験も糧にして、ますます世界に羽ばたいていきそうです。

 

「かすみう」コンビ、石川佳純・平野美宇、卓球で金!

 

sponsored link


 - スポーツ , , ,