ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

朴鐘顕(ぱくちょんひょん)講談社の編集次長、妻を殺害容疑

   

sponsored link


朴鐘顕(ぱくちょんひょん)容疑者41歳(講談社の編集次長)が昨年8月9日に妻の朴佳菜子さんを殺害した容疑で1月10日午後、逮捕されました。

朴鐘顕容疑者は、『週刊少年マガジン』の副編集長のほか『進撃の巨人』にも関わった講談社の社員・・ということで衝撃が広がっています。

 

妻の佳菜子さんが亡くなった当時、「妻は自殺していた・・」と述べていた朴容疑者とのこと。しかし、警視庁としては事件か自殺かを捜査してきたそうです。

 

事件は9日午前2時50分ごろ、朴容疑者が「妻が自殺している」と119番通報して発覚。

佳菜子さんは自宅玄関近くの階段の下で、心肺停止の状態で倒れていた。

死因は窒息死で、首には絞められたような痕もわずかに確認されたという。一家は夫婦と4人の子どもの6人家族で、当時は全員が自宅にいた。

 

(朝日デジタル 1月10日)

 

事件の真相はまだわからないといいますか、講談社としては「本人は無実を主張しており、捜査の推移を見守りたい」とコメントしているそうです。

女性の首からは朴容疑者のDNAが検出されたほか、同居する子どもたちの話などから同課は朴容疑者が殺害したと判断した。

(時事通信 1月10日)

 

事件の真相とは別ですが、この展開ではお子さんたち4人が気の毒です。

そして、事件の真相とは別の角度で、容疑者がNHKの午後1時のニュースでも「東京・文京区に住む、韓国籍の朴鐘顕(パク・チョンヒョン)容疑者」と報道されたことにも反響が起きています。

 

報道の扱い方の、微妙な違い・・・詳しいことは分析しようもありませんが、ともかく違いはあるようです。

金相ゲン容疑者が中央道逃走、朝日では「外国籍とみられる男」

このニュースの扱いが、各社によって違うかまだ分かりませんが。

*追記:やはり表記が違うようです。⇒ 朴鐘顕容疑者の国籍、朝日と毎日なし、読売と産経あり

ネットの反響も色々・・・(個人のコメントです)

 

講談社が編集長に迎入れるくらいなんで優秀な男だと思うが、そういうのを抜きにしてまたも韓国批判が巻き起こる。

 

この容疑者、NHKニュースで朝鮮人の名前だぞ

 

NHKが本名と国籍報道してるねw

 

この人、諫山先生の発掘者って何かで読んだけどホント?

 

これ逮捕しても自白取れないと無理なんじゃね?
日本のマスコミに韓国人ね。日本のマスコミが韓国に甘いのが、よくわかる例。こんな形だけど。

 

 

ところで週刊文春は、1月11日発売号で、この事件を取り上げていました。

 

講談社関係者は「いまや社の業績を支える屋台骨。

無名の若手で実績の無かった諫山創さんの起用を決断し、『進撃の巨人』を世に送り出したAさんのセンスは並外れていると言わざるを得ません。

社内では畏敬の念を込めて“鬼才”と呼ぶ人もいるくらいです」と話す。

(週刊文春WEB 1月10日)

 

奇しくも(?)週刊文春の報道があってもなくてもか、文春中でA氏とされていた朴鐘顕は逮捕されてしまいました。

講談社の雑誌である『週刊現代』『FRIDAY』は、この件でどんな伝え方をするでしょうか? 伝えるのか、そこは一般感覚ではどうも想像がつきません。

 

 

sponsored link


 - マスコミ , , ,