ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

森田知事に対抗出馬する松崎秀樹市長と皆川真一郎氏(千葉)

   

sponsored link


千葉県の知事選に森田健作知事は3選を目指して立候補することが明らかに。対して松崎秀樹氏(浦安市長)と皆川真一郎氏(元県立高校長)も出馬することになっています。

森田知事の3選は固いのか。対して二人の状況はどうでしょうか?

 

松崎秀樹(まつざきひでき)氏 基本情報

年齢:66歳
出身:東京都
出身大学:明治大学商学部
県議会議員:1991年〜2期
浦安市長:1997年敗れる
     1998年〜5期連続、現職

2016年の浦安市の成人式での発言が注目される
「出産適齢期は18歳から26歳を指すそうだ」

松崎氏の公式サイトはこちら  http://matsuzaki-hideki.jp/index.html

 

松崎氏の知事選出馬は昨年の秋から報道されてきました。秋の時点で、反応はというと・・・まず松崎氏の発言です。

 

森田知事の県政運営に対しては、「こんなに市町村長に寄り添わない知事は初めてだ。大半の首長は同じ思いだ」と批判。

首長が知事に面会予約を取っても会うまで1か月かかったことや、東日本大震災の被災地に足を運ばないことなどを例に挙げた。

(2016年10月26日 読売オンライン)

 

面会に一ヶ月というのがどうなのか、実態がピンときませんが、それが県政批判というのはどうなのでしょう。

 

ただ、同党県連内には松崎氏への推薦に否定的な意見が強く、ある県連幹部は「推薦は出せない」と明言した。

県連は前回2013年の知事選で森田知事を支援。

「森田知事は反自民ではないし、政策も大きく違わない。乗り換える大義名分がない」(衆院議員)というわけだ。

(同上)

 

 

自民党の県連が森田知事を応援するなら、松崎氏が自民党公認という可能性は、低いように見えます。
ただ、上記は昨秋の情報ですし、何が起きるかわからないのが選挙・・・

同じ千葉県の熊谷俊人千葉市長の動向も影響するかもしれません。現職の浦安市長が選挙に出るなら、浦安市は市長選挙が必要になります。

 

 

話が前後しますが、その後、12月末の時点で松崎氏は無所属で立候補を決めていたそうです。

 

松崎氏は立候補を決断した理由について、「震災からの復旧・復興もおおむねめどが立った。立ち止まって考えたときに、千葉県そのものがふびんに思えて、自分が出るべきだと考えた」と説明。

(12月23日 産経新聞)

 

また浦安市長選挙については、県知事選と浦安市長選が同日になるために2月上旬に市長を辞任するとのこと。
なるほど、ですね。

sponsored link


 

 

震災からの復興というイメージが正直よく分からなかったのですが、浦安市は液状化現象などが起きた、いわゆる被災地ということ・・なのでしょう。

 

 

もう一人が皆川真一郎氏です。

皆川真一郎氏 基本情報

生まれ:1954年8月20日 62歳
出身:千葉県
出身大学:金沢大学法文学部
もと流山おおたかの森高等学校校長

皆川真一郎氏のブログはこちら  http://oh84marp.blog.so-net.ne.jp/

皆川氏の情報は、ご本人のブログ以外あまり見つからないのですが、高校の教師、校長ということで教え子の方も多いでしょうか。

政策等については、「千葉県知事選挙出馬宣言 その1(http://oh84marp.blog.so-net.ne.jp/2016-12-09)」から始まる提言が上記ブログ内にあります。

 

森田健作さんはかつて、パワーあふれる爽やかな俳優さんでした。

 

懐かしい写真など見ると・・・なんの記事か支離滅裂ですが。千葉県知事も今回3選めとは早いものです。

 

 

sponsored link


 - 教育・政治 , ,