ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

辰巳第三保育園で高濃度塩素。2009年にも異臭騒ぎ?

   

sponsored link


江東区立辰巳第三保育園で、12月19日、0歳児に飲ませるポットの湯に塩素剤らしい異物が混入。21日に江東区は被害届を出しました。3人に健康被害は見られていないようす。

 

ところで辰巳第3保育園は、2009年7月16日の朝に「のどの痛みで8人搬送」という報道がありました。これは事件ではないのですが・・

東京消防庁によると、園児2人を含む8人がのどの痛みを訴え搬送されたが、いずれも軽症。

 

保育園の園内には0~5歳の園児と職員計約90人がいたが、一時裏庭などの屋外に避難した

警視庁東京湾岸署や江東区などによると、異臭は鼻を突くようなにおいで、のどの痛みなどを訴えた2歳と3歳の園児2人と女性職員5人、職場体験で訪れていた江東区内の女子中学生の計8人が搬送されたが、いずれも軽症とみられている。

 

(eduon 2009年7月16日 http://eduon.jp/news/other/20090716-000916.html より)

 

これはたまたま記事が残っており、結局、湾岸署の調べでどんな結論だったか2009年のことは、判然とはしません。たしかなことは上記の報道があったことだけ。

 

しかし、なぜか同じ保育所で、今回もいまのところ原因の分からない「高濃度塩素」ということでーーー被害届が出ていることから、もう少し詳細が今回は、分かるような気がします。

 

辰巳第三保育所とは、辰巳団地の中にあるそうです。公式サイトによると、「辰巳」駅より徒歩5分だそうです。園児定数は120名で、0歳時のひよこ組は12名。園長先生は山田則子氏。

こちらは、辰巳団地


公式サイトでは、保育園児たちの可愛らしい姿が映っています。個人的な感想になりますが、2009年のことは知らなかったので、同じ保育園でトラブルめいたことがあると、どうしても気になります。

 

20日に保健所が成分を分析したところ、塩素濃度が1600ppmと、プールの腰洗い槽で使われる濃度の約16倍に上った。

同園ではノロウイルスの予防に塩素系消毒剤を使用しており、事前に湯の臭いなどには気づかなかったという。

 

(12月21日 朝日デジタル)

 

ノロウイルスの予防の塩素系消毒剤と関わりがあるでしょうか?

 

たまたま混じった(?)なら、まだいいのですが。また、飲んだのが0歳児という小さい体を考えると、無事でほんとうによかったです。

 

誰か加害者のいる事件でないことを願いたいです。万が一そうであったら、事件が早々に解明されますように・・・

 

 

sponsored link


 - 生活 , ,