ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

都議選?龍円愛梨さん、エド・はるみさん(小池氏の塾)

      2017/01/24

sponsored link


7月の都議選に向けて、龍円愛梨さんやエド・はるみさんらの候補者選びが進んでいるといわれます。

龍円愛梨さんは元テレビ朝日のアナウンサーで、シングルマザーとしてダウン症の息子さんを育てていることでも注目されます。エド・はるみさんはお笑い芸人・女優で現在は慶応大学の大学院生でもあります。

知名度が高いことから、そう取り沙汰されているとのことで、確かな情報ではありません。

 

龍円愛梨(りゅうえんあいり)さん39歳は、今年の4月に放送された「爆報!THE フライデー」で、シングルマザーになった真相などが語られました。父の龍円恵喜二は政治学者。2013年に出産した息子さんはニコ君で、事実婚をされたという相手の方のことはウワサはありますが、いま触れることではなさそう。

龍円さんが、その番組に出ることを綴られたときの日記は

http://ameblo.jp/airi-ryuen/entry-12145744618.html です。

 

 

またエド・はるみさんは、ひところに比べて今どうしているのか?とエドさんの現在を気にかける方も多かったようです。2015年からは大学院生になりました。現在52歳。

 

その都議選ですが、小池氏主宰の「希望の塾」では、2017年1月から新たに選挙対策講座(3万円)が始まるそうです。小池氏の塾と日本維新の会との違いも、気になるところ。

小池都知事>蓮舫代表(首相は誰?)をわざわざ報道!?

そして結局新党が結成されるのか?

そこは、実に微妙です。

年明けにも「小池新党」立ち上げの観測が広がるが、政治評論家の有馬晴海氏は「新党のカードをちらつかせているだけで大きなけん制になる。自民党本部との関係もあり、本当にアウェーにならなければカードは切らないだろう」とみる。

今後も“勝ち馬”に乗りたい「反自民」勢力は増えるとみられ、都政関係者は「選挙協力で連携した勢力と“知事与党”を形成していくことになるだろう」と話す。

 

(スポニチアネックス 12月21日)

 

現在都議会では、公明党が自民党との連携を解消したことで、新たな動きになっています。

定数127。自民60、公明23。

今は自民単独では過半数の64に届きません。ますます目を離せません。

 

追記:都民ファーストの会が一次公認する5人とは?

 

 

sponsored link


 - 教育・政治, 東京都政 , ,