ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

ズンズン運動の姫川尚美元理事長らに5200万円の賠償命令

   

sponsored link


ズンズン運動」と呼ぶ乳児向けの施術で、2015年に業務上過失致死罪の判決を受けていた姫川尚美元理事長59歳らに12月14日、5200万円の賠償命令が出ました。

 

ずんずん運動」、NPO法人キッズスタディオン、姫川裕里、姫川尚美・・といった名前や事件を知らなかったのですが、事件(?)があったのは見た限り、少なくとも2013年に遡るようす。

 

業務上過失致死罪で禁錮1年、執行猶予3年の有罪判決が出たのは、2014年6月、大阪府のサロンで男児が亡くなった事件についてでした。この判決については、執行猶予がついたことに量刑が軽いと遺族から憤りの声が上がっていたとのこと。

しかし、これが初めての事故ではなかったようです。

 

姫川容疑者をめぐっては、平成25年2月に施術をした新潟市の男児=当時(1)=が死亡する事件があり、新潟県警が業務上過失致死容疑で書類送検。しかし、新潟地検は同年12月、不起訴処分としていた。

 

だが、捜査関係者によると、姫川容疑者の周辺ではほかにも施術後に体調を崩すなどした乳児が数人いたという。

(産経WEST 2015年3月4日)

 

↑の記事で平成25年とは2013年。つまり、当時は1歳の男児が死亡したけれど不起訴処分になっていたわけです。

 

姫川元理事長だけでなく、元副理事長も2013年の事故の後に危険性を確認せずに幇助した責任があると裁判長は判断したそうです(時事通信より)。

したがって男児の両親が損賠賠償を求めた訴訟の判決5200万円は、元理事長元副理事長の男性の二人に命じられたもの。

 

また、オススメするわけではありませんが、姫川裕里氏名義で著書も出ているようす。

「どんな育児トラブルもこわくない!奇跡の対面(ついめん)抱っこ 」という本です。他にも「子育ての免疫学」もありました。

 

健康法も、育児法も、いわば正反対の論があることも事実。

素人がとやかく言えないのですが、当事者の元理事長が2014年の事故のあとに書いた文章がありました。

 

今年6月2日、Aさん母子がキッズスタディオン関西にこられて、私が生後4ヶ月のお子様にズンズン運動を施していたとき、お子様が急に呼吸をしなくなり、救急車で搬送されるという事態が起きました。

私とお母様、アドバイザーの方、次の順番を待っておられたお母さまとお子さまの目の前で起きたことで、ほんとうにショックな出来事でした。

後日、お子様が亡くなられたとお聞きし、ご家族のお気持ちはいかばかりかと言葉に表しようのない悲しみでいっぱいです。

(2014年9月14日 報道について http://web.archive.org/web/20150310060648/http://ameblo.jp:80/tuimen/entry-11924569723.html より)

 

また推奨している抱き方の図解が分かる記事は、こちらの、

「生後12日目 2」のキッズスタジオのアメブロにあります(http://ameblo.jp/tuimen/entry-11827164927.html)

 

しかし・・


いずれにしても、判断が出たことで一つの区切りがついたと言えそうです。

 

 

sponsored link


 - 生活 , ,