ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

「砂の塔」のロケ地、紅葉狩りと豊洲3丁目(6話)

   

sponsored link


砂の塔 知りすぎた隣人」は、謎が増えるばかり・・・です。しかしロケ地は、あのマンションから話が広がって6話では紅葉狩りに行きました。

そして高野亜紀(菅野美穂) と夫の健一(田中直樹)と、謎の音女性、弓子(松嶋菜々子)という3人の関わりが絶妙にクローズアプされた場面・・・そこには「豊洲3丁目」がたくさん登場しました。

 

まずは紅葉狩りは、丹沢の「BOSCOオートキャンプベース」。神奈川県秦野市丹沢寺山75で、車では東名高速の秦野中井インターからになります。

 

いいところですね。しかしドラマの性格上、話の展開は相変わらず、まったく安心感のないサスペンスの香りがする紅葉狩りでしたが・・・

いろんな人にやられ過ぎている菅野美穂に、いい加減イライラするという感想も多々見かけます。逆にいえば他の人物たちが黒すぎる・・・

 

犯人は誰? 田中直樹と弓子の過去は? あの浴室で血を洗い流していた場面は何? お兄ちゃんこと和樹(佐野勇斗18歳)は、誰の子ども? 等々、

回が進むに連れ、謎が解けるのでなく増えていく一方です。

ネット上でも、ちょっとイラッとするとか^_^;

0-86

さらに、上記の3人が微妙にすれ違う場面はおよそ豊洲3丁目のあたり。

 

亜紀が夫の健一を待っていて、せっかく手を降った夫ですが、トントンされて振り向いたらそこには、あの謎の「弓子」。

 
このあたりということで、ピッタリここではありません。

 

そして、妻のところに行かずに弓子に引っ張られて、カフェに入っていく夫。その夫に、わざと見せるように窓のそばでいきなりキスをする弓子。ーー松嶋菜々子さんが充分に怖い女になっています。

その喫茶室は豊洲3丁目の「R.O.STAR」


豊洲駅からもすぐ近くです。

 

 

 
ちなみに、弓子が生方航平を呼び出して、謎の封筒を渡したのも近辺のこのあたり・・・ 冷酷な表情が冴え渡る弓子です。

 

 

タワーマンション(ブリリア有明スカイタワー)で繰り広げられる主婦のどろどろも凄いのですが、連続誘拐事件も相変わらず謎が多いし、

あと何回で回収されるのでしょう?ブリリア有明スカイタワーでは、あまりに酷い展開に、こんなドラマ止めてほしいという声もあるとか、(あくまでもウワサ)。

じつはハーメルン事件の犯人は、弓子でなく田中直樹か?という説まで飛び交っています。もちろん息子の和樹も怪しい。

さてさてどうなるでしょう。

 

 

せめて亜紀にとって家族にとって、ハッピーエンドであってほしいですが、なんとなく、それがまだ見えません。

 

sponsored link


 - ドラマ , ,