ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

盗撮ハンターの中村将士と藤島亮馬、痴漢ハンターもいる?

   

sponsored link


盗撮ハンター」として中村将士22歳と藤島亮馬20歳が逮捕されました。容疑は恐喝。場所は町田駅で、盗撮していた20代の男性から341万円を脅し取ったとのこと。

盗撮ハンターという言葉を初めて聞きました。

しかしもっと(?)驚いたのは、「盗撮ハンターのご相談は弁護士へ」等のサイトが出てくることです。その種の需要って、あるのでしょうか?

 

中村将士、藤島亮馬という二人の容疑者のことは現在のところ、くわしくは分かりません。顔写真が報道されているだけ。

 

 

印象は凶悪犯というより、ふつうにその辺の駅にいる若者のように見えます。グループで組織的に?という可能性もあるというのですが・・
この犯罪は、被害者の心理を上手く突いているとは言えます。

いきなり自分の「犯行」を指摘されて、警察に行くとか言われたら頭が真っ白になるかも・・・

という前に、盗撮は止めましょう! (当たり前)

 

盗撮とか、痴漢とか、万引きとか、白日のもとに晒されたら一巻の終わりのような・・・その人の弱みにつけこんで恐喝とは、やはり卑怯です。痴漢ハンターという言葉があるか分かりませんが、知られていない闇はいっぱいありそう。

 

 

th_0-25

しかし、この種の事件は今回が初めてではありません。今年の3月のニュースから・・

「迷惑防止条例違反です。罰金がかかりますよ」

警察に行くか、示談にするか、決めてください」。

 

捜査関係者によると、後ろ姿の撮影だけでは条例違反に問われる可能性は低い。

だが、男性は自分の行為に後ろめたさがあったのか、示談金の支払いを選択した。男の指示で近くの消費者金融に向かい、50万円を引き出した。男は金を受け取ると、そのまま立ち去った。

 

(産経新聞 3月1日)

 

この記事の続きによると場所は池袋駅、立川駅などが盗撮に狙われているとか。なんと「盗撮人気スポット」を紹介するサイトもあるとか(知りたくない・・・)

sponsored link


 

 

特定の商業施設の名前をあげて「エスカレーターが急勾配で有名」と説明したり、

「朝の通勤ラッシュ時は、色んな人間がいるから怪しまれることはほとんどない」などと、

盗撮しやすい時間帯を指南しているサイトもあった。

(同上)

 

・・・なんと、酷いものです。盗撮ハンターは盗撮犯に対して、免許証をコピーさせたりするらしいです。

近づいてきた人物が、怪しい人か否か判断する冷静さを欠いたその場面での要求です。同情するわけではないのですが。

341万円という今回の中途半端な被害額は、何度も要求したであろうことを想像してしまいます。

振り込め詐欺が有名でも、振り込め詐欺に遭う人はいるように、この種の犯罪の被害に遭う人もいるでしょう。

th_0-27

しつこいですが、まずは盗撮をやめましょう。ちょっと驚いた事件の話でした。

 

 

sponsored link


 - 事件 , , ,