ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

角田悠輔(ちびっこBOY)は女児に児童ポルノ違反も!

   

sponsored link


ちびっこBOYの保育士、角田悠輔(つのだゆうすけ)は、生後四ヶ月の男児を殺した疑いで逮捕されていましたが、さらに女の子の裸の写真を撮っていた「児童ポルノ禁止法違反」で再逮捕されました。

事件が起きたのは2015年12月、平塚市宮の前5-2サイトウビル3Fにあった「ちびっこBOY」という無認可保育所。角田容疑者は、乳児の出縄望翔(いでなわりんと)ちゃんを、脳挫滅という、ふつうはありえないような脳の損傷を起こさせる暴力で、殺した疑いが持たれています。

小さい子をかかえて、防犯カメラの死角に行ったとされる角田容疑者・・

それだけでも生々しい、痛ましい事件でした。脳挫滅はちょっと頭を打ったくらいでは起きない陥没という脳の損傷で、犠牲者とそのご家族にとって、到底許しがたい犯罪です。

 

 

しかし、それだけでなかった。

女の子を保育所に預ける親にとって、これはまたショッキングです。女の子に限りませんが。

角田悠輔(34歳)が、仮にイライラして衝動的に、殺害の罪を犯してしまったとして・・・

もちろんそれも許しがたい重大犯罪です。

 

しかし偶発的な突発的な動機ではなく、

児童ポルノ禁止法違反が問われるようでは、もう、ほんとうに救いがたい正真正銘の犯人という怒りが湧いてきます。

角田容疑者は横浜出身で、東京福祉専門学校を卒業という情報が流れていました。またちびっこBOYの事件では、保育所のパソコンを、経営者の林哲也容疑者が証拠隠滅のために破壊した疑いが持たれています。

 

保育士も保育士。経営者も経営者。

そういうところと関わりを持ってしまうのが怖いです。

th_0-25

そして語弊があって言いにくい話ですが、一昔まえは「保母さん」という名称で、安心感をもって子どもを預けていたのが保育所でした。

男性の保育士さんが頑張っている昨今に、昔のことを懐かしんでは、別の意味で性差別になりかねません。

しかしだからこそ、一人の保育士の犯罪のおかげで、誠実に仕事をしている大半の保育士さんが傷つくことになります。

 

th_0-15

 

今回の児童ポルノ違反は、スマホに画像が保存されていたから。傷害致死で逮捕されるまで油断していたのか、隠す暇がなかったのか・・・

保育所がそういう忌まわしい事件の舞台になったことがまた、社会にショックを与えています。ニュースの映像を見る限りで、角田容疑者は逮捕されてうなだれる様子も見られず、ほんとうに今後更生してくれるのかーーーー

経営者からすると保育士の資質を確かめるときに、こういう点もクリアしないといけないのか。ーーー嘆息気分になりました。

 

sponsored link


 - 事件 , ,