ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

合田政市87歳、横浜港南区、一方通行で猛スピード

   

sponsored link


横浜の港南区大久保一丁目の市道で小1男児が死亡した10月28日の事故で、逮捕された合田政市容疑者は87歳で、監視カメラの映像では猛スピードで軽トラックが走っている姿が残っていました。

狭い道で渋滞かというと、そうでなく「どうやって現場まで行ったのか、よく覚えていない」という合田容疑者は、軽トラを蛇行しながらスピード超過で走っていた疑いがあります。

 

現場は、地図でも「一方通行」が示されています。事故の様子を伝える写真にもあった店舗が地図上にありますが、たしかに、ここでは狭くて一方通行でしょう。


 

事故で亡くなった田代優さんが6歳ということも、事故を起こした容疑者が87歳というのも、なんとも痛ましい限りです。

 

合田容疑者は、27日の朝に出かけたきりだったようで、丸一日の間、どのように走っていたのでしょうか? なぜ早朝の登校時間に、猛スピードでこの狭い道を走っていたのでしょうか。

 

合田政市(ごうだまさいち)容疑者は2013年12月に免許を更新していたそうです。認知症検査は異常なし。

 

地図では田代さんたちの通う市立桜岡小学校まで、事故現場の市道から大人で徒歩7〜8分の距離。通学路ですから、吟味された結果の経路だと思われますが、なんとも狭い様子が伺えます。

th_0-14

道路が狭いことも、容疑者が高齢だったことも、しかし、犠牲になったお子さんには責任のないことです。登校班で9人いたとされるグループの、他のお子さんたちも、はやく、回復して頂きたいです。

せめてガードレールがあってほしかった・・・

容疑者と認知症との関係は不明ですが、3年前の検査というのは、制度がそうなっているのだから仕方ないことでしょうか。いたたまれない気持ちが残ります。

犠牲者の方のご冥福をお祈りします。

 

 

sponsored link


 - ニュース速報 , , ,