ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

横手市で豚の死骸349頭を放置、化製場法違反とは?

   

sponsored link


秋田県横手市養豚場で、7月〜10月に豚が349頭死んでおり、死骸が堆肥に放置されていました。

 

・人への感染は? ⇒人への感染や他の農場に被害が広がることはないと秋田県の畜産振興課が説明している

・豚肉の出荷は? ⇒「養豚場は19日から出荷を自粛」と報道されています(河北新報10月27日)

 

ええと、つまり19日以前はその養豚場から出荷されていたということでしょうか。余分な騒ぎは風評被害になりかねませんが、そういうものでしょうか? 死んだ豚は放置で、健康な(?)豚は出荷されていたのか。

いや、安全と言われているのでそれを信じましょう。

 

横手市雄物川町は、なんとものどかな田園風景です。

( 場所は養豚場とは異なります)

ところでこの問題は、何が事件かというと、「化製場法違反」の疑いあるということ。

化製場法または「化製場等に関する法律」では、「牛、馬、豚、めん羊及び山羊」が対象となっています。そして「化製場」とは、獣畜の肉や皮、骨臓器などを原料として皮革、油脂、にかわ、肥料、飼料などを製造する施設。

または死亡した獣畜を解体して埋却し焼却するなどの施設。さらに畜産のために飼育している施設・・・ などがあって、正直よくよく分かりません。

 

 

しかし、「肉骨粉」のことを思い出すと、少しイメージが湧きます。BSEで話題になった肉骨粉の製造施設、それも化製場に分類されるそうです。

 

養豚場はそもそも死亡した獣畜を処分するところではなく、豚を育てて出荷する目的だから、いざ今回のように「豚回虫症」が原因でたくさんの豚が死亡すると、担当者がパニックになったというのも、分かる気はするのですが・・・

 

しかし、7月という真夏も含めて、豚の死骸が(こう書くのも痛々しいです)放置されたら、臭いは大丈夫だったのでしょうか?

仙台の北日本くみあい飼料という会社が、養豚業者に委託していたとのこと。

しかし状況がいまいちよく分かりません。豚の総数は死んだ豚の2倍以上飼育されていたようです。

化製場法違反というキーワードが気になって確認しました。

関係ないけど横手は横手やきそばが有名なのでしょうか?

th_010

しかし、人への被害がなく、悪質な動機もなかったというその程度の事件だったと解釈して良さそうです。

 

sponsored link


 - ニュース速報 , ,