ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

三浦弘行さん弱い?息子は?カンニング疑惑の真相

   

sponsored link


三浦弘行九段は弱いからスマホ不正を働いたのか。ーー疑念が晴れずに、10月15日予定の第29期竜王戦七番勝負の挑戦者だった三浦氏は出場しないことになりました。

三浦弘行(みうらひろゆき)氏は1974年生まれの現在42歳で、高崎市出身、2014年に結婚されたばかり。奥さまは17歳年下の一般女性とされます。

息子さんがいる等、正確なことは分かりませんが子供さんがまだ将棋を指していないことは確かでしょう。

th_0-76

 

三浦弘行9段は、18歳でプロ入りし今年は、七冠を独占していた羽生善治三冠から棋聖を奪った1996年以来の2期目のタイトル獲得を目指すはずでした。

しかしここに来ての、いわゆるカンニング疑惑。

疑惑であって真相は分かりません。

三浦九段は朝日新聞の取材に「不正はしていません。ぬれぎぬです」と話し、今後の対応は弁護士と相談中という。
(中略)
対局中は持ち時間の範囲で対局室から出られるが、連盟によると、三浦九段は今夏以降、離席が目立っていたという。

 

連盟側が11日の常務会で聞き取りをしたところ、対局中のスマホなどの使用を否定。「別室で休んでいただけ。疑念を持たれたままでは対局できない。休場したい」と話したという。

(10月12日朝日新聞より)

 

なんの先入観なしにコメントを読むと、疑念を持たれたまま対局できないというプロの気概は分かるような気がします。

 

一方で、日本将棋連盟が、不正行為防止へ規制を検討している等の記事を読んで、そんな時代なのかと思っていました。

そして10月5日に発表された「対局前にスマートフォンなどの電子機器をロッカーに預けるよう規則に盛り込むことを決めた」との記事に、かなり現実的な対応になってきたのかと驚きました。

 

実際のところ部外者には、よく分かりません。

ただ近頃のソフトは、スマホを使ってソフトが導入された「自宅のパソコン」をも遠隔操作できるらしいので、なかなか難しい問題でしょう。

th_0-12

反応は様々。だれも断定でものを言えない件でもあります。

カンニングしてない証明ってできんのかね。落としどころは推定無罪しかないのでは。

将棋界の大事件を知って腰抜かすほど驚いている。三浦弘行九段、大丈夫か?心配。

三浦弘行九段、マジかー。うーんシロだと信じたい

三浦九段がGPS将棋と対局したのは3年前で、終盤いいところなくコンピュータに縛られて投了してます。あの対局で何かが変わったんでしょうかね。

 

七番勝負には挑戦者決定戦で敗れた丸山忠久九段の出場が決まっています。渡辺明竜王と対戦。

 

 

sponsored link


 - マスコミ, 生活 , , ,