ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

違法薬物ラッシュとは?密輸の藤沢市の総括教諭

   

sponsored link


違法薬物「ラッシュ」を密輸しようとした藤沢市総括教諭58歳が、在宅起訴とのこと。この件で「?」な要素がいくつもあったため、確認しました。

 

違法薬物「ラッシュ」とは?

そして、総括教諭とは?

教諭が在宅起訴になると先生の仕事は?

 

まず違法薬物ラッシュですが、早い話が性的興奮を高めるために使われる薬物で、少々ためらう話題ながら男性の同性愛者に人気のある危険ドラッグのこと。

亜硝酸エステル類が主成分。

th_046

(写真はイメージです。)

一昔前は新宿2丁目のマニアックなショップで1000円代で手に入ったという話も・・・。いまは販売ももちろん、所持しているだけで犯罪。

ややこしいのは市販が許可されている国もあること。日本では2007年4月から指定薬物とされています。

・・・で、

これって無知だから確認していますが、こんなこと知る必要がある? という疑問も湧いてきます。

 

2016年今年のことで、NHKの某アナウンサーが、ラッシュを使っていたと報道されたこともありました。


当該のNHKのアナウンサーなどに販売した側も逮捕されています。

 

こちらの場合は、混ぜ合わせるとラッシュができると知りながら数種類の薬品を販売したという容疑でした。ーー何やら奥深い犯罪かもしれません。

 

もう一つ、藤沢市立小学校の総括教諭58歳の「総括教諭」ですが、近頃はそんな役職があったのかと、感心しました。

 

しかしこれは神奈川県において「主幹制」という制度を導入した時に、名前を総括教諭とすると決めたもの。

知らなくて当然だったかも。総括教諭とは、位置としては、

校長>副校長>教頭>総括教諭>教諭

 

というヒエラルキーのような中で、教諭がそれなりのベテランになってくると、教頭への通過点かわかりませんが、まずは総括教諭になり、事実上、総括教諭のなかから教頭先生が出るということのようす。

(想像も含めた表現で、厳密ではありません)

th_0-32

ところで藤沢市には、市のサイトで小学校は35校が確認されます。仮に教諭が一校あたり20人と概算しても700人くらいいるであろう全教職員のなかから「58歳総括教諭」をさがしても・・・

意味があるか分かりません。

 

そして在宅起訴だから、今も先生を続けているそうです。在宅起訴とはどんな容疑者がいたるものでしょうか。

まずは、逃亡や証拠隠滅のおそれがないこと。そして軽微な犯罪であること。この事件で58歳の総括教諭はすでに公判中です。

横浜地裁が判決を出すと?

判決はこういうケースではほとんど罰金刑(だけ)となるようです。

 

100万円以下の罰金が相当であると考えられる事件でないと、在宅起訴にはならないため、罰金が幾らかは不明としても、罰金刑となりそう。

ちなみに罰金刑でも、前科はつくそうです。

(このあたりhttps://keiji-pro.com/columns/27/ を参照しました)

th_0-79

というわけで、現在も教壇に立っていると思われる先生について、話題になることが、児童にとって良いか悪いか分かりません。

薬物所持にせよ、何かで嵌められる人がいないとも限らないので、この事件も真相は不明・・・という気分も少しあります。

 

 

sponsored link


 - 事件, 教育・政治