ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

豊洲市場の白紙撤回?と河村たかし市長

   

sponsored link


豊洲市場への移転計画が白紙撤回・・というのはもちろん可能性の一つとして疑問形ですが・・その動きに河村たかし氏(名古屋市長)の存在が注目されます。どういう流れかというと・・

 

現在の都知事が小池氏である

小池氏と河村たかし氏はつながりがある

河村氏は、名古屋の「藤前(ふじまえ)干潟」を埋め立て、ゴミ処分場にする計画を白紙撤回させたことがある

河村氏の高校同級生の小島敏郎氏(青山学院大学教授)も都政改革本部の顧問に就任

上山信一氏(慶應大教授)も都政改革本部の顧問であり、上山氏は大阪維新の会のブレーンであり、河村氏と同じ志を持っている

 

これはもちろん当サイトの推測ではありません。サンデー毎日10月2日号で鈴木哲夫氏が指摘している中身(http://mainichi.jp/sunday/articles/20160920/org/00m/040/007000d を参照)をまとめてみただけですが・・

 

 

小池氏と河村氏のつながりは、日本新党(細川護煕代表)の頃からでしたか。そういえば河村たかし氏といえば「減税日本」でした。

減税日本の辿った経緯は、石原慎太郎氏らの太陽の党とか、日本維新の会、嘉田由紀子氏らの日本未来の党等々・・・振り返るとなかなかスケールの大きな話になります。

 

しかしここで、思いっきり部分に過ぎない視点ですが、河村氏の行政の無駄を省き、税の使い方をスリムに・・・という手法は、小池氏の都民ファースト、都政のブラックボックスに切り込むという姿勢と通じることは明らかでしょう。

th_0-32

現在、豊洲市場の行方には諸般の要素が絡んでいるので、白紙撤回うんぬんの言葉を簡単に出しては不謹慎かもしれません。しかし上記緑字の続きとして、

「環境と都民の税金の無駄のない使い方として、豊洲市場のことは根本から考え直す」

という方向性は、決して現実味のない話ではなさそうです。

 

もちろんいろんな声が・・・(個人のコメントです)

 

th_0-76

まさに難しいです。確かに騒ぎになったから撤回・・などというだけのお粗末な展開はないと信じたいです。仮に白紙撤回になったら、今度は、撤回による費用の無駄は・・と批判するうねりも来るのでしょうか。

 

参照:小島敏郎氏(青学教授)を座長に盛り土問題・・

 

 

sponsored link


 - 教育・政治 , ,