ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

滝沢秀明がSMAPを糾弾とはほんと?

   

sponsored link


滝沢秀明さんがSMAPの独立組メンバーを糾弾したとか、独立派と言われる4人に対して「アホ」と言ったかのように報道されています。

これは東スポWeb 9月24日の記事ですが、中身そのものの真偽も重要ながら、見出しのつけ方が誤解を呼びやすいことが気になって目にとまりました。

滝沢秀明さんにはbbsもあるし、 最近はドラマ「せいせいするほど愛してる」で武井咲との共演も話題になっていましたが、武井咲さんが彼女というわけではありません。

週刊文春の連載する「“ジャニーズの女帝”メリー副社長の正体」という記事の中で、滝沢秀明さんがこう語ったと報じられています。

「ただの少年が百八十度人生を変えて もらったわけですから、(ジャニーズ事務所に)感謝するのは当たり前。それをわからなかったらアホでしょう」

「僕らの仕事は、ただキャーキャー言われてる だけじゃないんです。自分の後ろにはスタッフとかたくさんの方がいて、その人たちの生活もかかっている」などと答えた。

(東スポWeb  9月24日より)

この言葉から「糾弾」とかいう語句が出てくるのが不思議です。そもそもSMAPのこととはまったく言っていません。

ここから 滝沢秀明がSMAP糾弾!独立組の4人は「アホ」 というタイトルが付けられている事に、単純に驚きました。

上記のテキストに続いて、芸能関係者の言葉として、東スポWeb のテキストは続いています。

SMAPの固有名詞こそ出してないが、どう考えてもこれはジャニーズからの独立を画策した中居、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の4人を滝沢が批判するもの

つまり4人はジャニーズへの恩を忘れた“アホ”であり、SMAPに関わるスタッフのことをまったく考えていないと糾弾している

 

いやいや、これは「芸能関係者」(←誰?)が言った言葉であって、そもそも週刊文春のタイトルは「メリー副社長の正体」を扱っているはず。

どこかで話がねじれているようです。

「メリー副社長の正体」が何であると文春が言っているかは別として、上記の関係者という人がさらに続けています。

メリー副社長は、独立を画策した4人をいまだに許していないことが改めて如実になった。もし許しているのならば、滝沢がここまで言うことはない。

あれれ? やはり、その関係者という方の意見をまとめているだけではないでしょうか。

 

滝沢さんのこと詳しくないのですが、この記事の論理の流れにはちょっと驚きました。まるでSMAPの「4人」というグループを特別に仕立てて悪者にしたい意図があるかのようですth_0-75

やはり反響もさまざま・・・

 
別の感想の方もいます。東スポに対してでなく文春に対して、という方が正確でしょうか。


主語が明らかでないのは、日常にも聴こえてくるニュースにも多々あって、他人事ではありません。いろいろ気をつけなければ・・・(・∀・)b

 

 

 

sponsored link


 - 俳優・音楽, マスコミ ,