ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

一級建築士の水谷和子さんとは?

      2016/09/20

sponsored link


一級建築士水谷和子(みずのやかずこ)氏が、「豊洲新市場の建物の地下に盛り土をしない契約書を石原慎太郎氏が承認していた」という資料を入手したと、9月19日のTBSのニュースで伝えられました。

この水谷氏の言葉から「建設エリア以外については埋め戻すが、建設エリア以内は盛り土をしない」ことが平成23年8月30日には決まっていた、と判明ということですがーーー。

さて水谷和子さんですが、コメントには「一級建築士の水谷和子氏」となっていますが、どんな方なのでしょう?

 

 

 

今回の資料入手という報道の前から、水谷氏といえば「東京中央市場労働組合執行委員長」の中澤誠らとともに、活動されているようです。動画も紹介されています。

また水谷和子氏の肩書きとして「守ろう!築地市場パレード実行委員会」の一員とされます。

土壌汚染対策法(土対法)上、汚染されている区画として扱わねばならないのに、汚染されていない区画に振り分けられたものが、305もある。その305区画は未対策のまま、施設が建てられてしまった」

そう述べた水谷氏は、施設内の空気調査で判明した、重大視すべきベンゼン汚染の実態などを紹介した。

(IWJ Independent Web Journal 7月23日 より)

 

また、今年のまだ2月時点の記事ですが、豊洲市場は二階以上の高床であり、ターレーなどの重みで床が抜けてしまう可能性を、上記の中澤誠氏は指摘しておりさらに

実行委の賛同人で1級建築士の水谷和子氏(63)は、「ベンゼン汚染について、全700区画のうち305区画が未検査のまま」と指摘。

(日刊ゲンダイ 2月24日 より)

 

ということで、繰り返し豊洲の汚染対策が不備であると指摘してきた方が水谷和子氏ということです。

th_0-16

ただ、今のところ水谷和子さんについて、63歳のようですがそれ以上の情報(出身地出身大学など)については不明です。これらは個人的なことで、公開されるべきというものでもないでしょう。関心はありますが(・∀・)b

 

また、水谷氏については共産党?というような言葉もみられます。しかし水谷和子さんが共産党の党員であるとかその他の、確たる情報はありません。

もっとも、共産党の赤旗の記事でも、水谷氏らの活動について扱っていました。

都庁で行った記者会見で、山浦康明・日本消費者連盟前共同代表、中澤誠・全労連東京中央市場労組委員長、水谷和子・1級建築士、水産仲卸業者が発言。中澤氏は「都は質問に答えられなければ、移転スケジュールを延期すべきだ」と語りました。

(日本共産党東京都委員会 フェイスブック 2月23日 より)

 

ただし確かなことは、上記にように、共産党は水谷和子さんについてではなく、水谷氏の活動について取り上げていること。したがって両者の関係はなんとも分かりません。

捉え方はいろいろあると思います。

 

「個人の方のブログの記事」として引用させていただきますが・・

TBSの朝番組では、その他にも気になるゲストがいました。
「水谷(みずや)和子」という人物で、名前をすぐにメモりました。

「一級建築士で、築地移転問題を10年間追及してきた」
との紹介が為されていました。

後でネット検索してみると、極左サイト「レイバーネット」が出てきました。
2013年10月の記事です。

★レイバーネット日本

http://www.labornetjp.org/news/2013/0925shasin2/

 

(目が覚めて思うこといろいろ http://bakahabakanarini.blog.fc2.com/blog-entry-1192.html?sp  9月13日 より)

 

事態はまた混迷を極めているのか、解明されつつあるか、謎です。

th_0-08

事実も解明されないといけませんが、例えば石原元都知事は、批判や攻撃をされやすい状況の人物ともいえるでしょう。小池都知事がリオから帰ってくると動きがありそうです。お読みいただきまして、ありがとうございます

 

 

 

 

sponsored link


 - ニュース速報, 教育・政治 ,